デイリーランキング

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充

投資

2020/11/26 17:30

マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催

セミナー

2020/11/26 11:30

サンリオキャラをVRやARで ドコモとサンリオがXR領域で提携

業界動向

2020/11/25 11:31

OPPOがARグラスを2021年発売、MRデバイス「NrealLight」製品版ハンズオン ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/24 08:00

XRを学ぶカリキュラムを教育機関に提供 UnityとXRスタートアップがタッグ

業界動向

2020/11/26 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグル、スマートグラス向け新特許を出願。「ライトフィールド技術」を活用

グーグルが取得した、スマートグラス向けと見られる特許が公開されました。過去に同社が買収した企業の「ライトフィールド技術」も用いられており、現実のように見える3Dイメージを眼鏡のレンズに投影するというものです。

ライトフィールドカメラでイメージ取得

特許のタイトルは「Virtual eyeglass set for viewing actual scene that corrects for different location of lenses than eyes(レンズ位置補正機能のついた、現実空間を見るためのバーチャル眼鏡)」。公開された特許本文では、「バーチャル眼鏡は、レンズの反対側にあるライトフィールドカメラを通じて取得したデータに基づく画像を、左右のレンズに投影します」と説明しています。

ユーザーの目とレンズとの間には距離があるため、これを補正するためにライトフィールドカメラを用いています。すなわち複数の視点から対象を捉え、内蔵するプロセッサでユーザー視点の画像を構成、投影するというものです。こうして、レンズとの位置関係のずれにより、視野とレンズへの投影にずれが生じる視差効果(parallax effect)を低減しています。

このようにイメージを複数の視点から捉えると、3D画像の生成も可能になります。眼鏡のディスプレイにはライトフィールドディスプレイを用い、深度情報を含む3次元イメージを投影。ユーザーは、まるで現実にその対象を見ているように感じられます。

グーグルは2018年、ライトフィールド技術のスタートアップLytroを買収しました。この分野では、他社に比較してアドバンテージがあるといえます。

デバイス開発への注力も表明

また同社は2020年6月にも、スマートグラス「Focals 2.0」を開発するNorthを買収しています。「有用なデバイスの開発にますます注力する」との声明も発表しており、今後の動向が注目されます。

グーグル、スマートグラス「Focals」開発元を買収。新デバイス開発へ注力か | Mogura VR

グーグル、スマートグラス「Focals」開発元を買収。新デバイス開発へ注力か | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Patently AppleUSPTO


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

森中花咲・御伽原江良のユニット「petit fleurs」ファーストライブが11月に開催

2020/09/15 19:00 にじさんじ

AR/VRの専門家を育成するフルプログラムが開校 京都府が全面バックアップ

2020/09/15 19:00 話題