デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アバターアプリ「Genies」が3D対応、複数アプリと提携し“バーチャル試着”も

AIを活用したアバター制作アプリ「Genies」が3Dアバターに対応します。Giphyやグッチ等と提携し、SDK(ソフトウェア開発キット)の提供もスタートし、各社のアプリで「Genies」の3Dアバター制作機能が利用できるようになります。一例として、Giphyでは自分の3DアバターをGIFアニメに使用でき、グッチではアバターを使って最新のファッションを試せます。

将来的にはメタバースの構築が視野か

「Genies」はSDK提供のパートナーシップを拡張する方針で、“デジタルアイデンティティ・エコシステム”を構築し、利用者が自分のアバターをプラットフォーム間で自由に移動可能にすること(複数の異なるゲームやアプリで、同じ「自分のアバター」が使えること)を計画しています。

既に「Genies」はジャスティン・ビーバーやショーン・メンデスなど、数千人の著名人と協働。3Dアバターのリリースと合わせ、セレブのためのデジタルアイテム制作・配給を開始します。Giphyやグッチ、また将来のSDKパートナーは、セレブがデジタルアイテムを販売できるマーケットプレイスを開設予定です。

(参考)VentureBeatTechClunch


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

VTuber企画 成功の秘訣とは? 個人発・1,000万円をクラファンで集めた注目VTuberゲーム主宰に聞く

2020/10/26 12:02 VTuber 最新ニュース一覧

KAMITSUBAKI STUDIO、新シンガー「幸祜」や魔女展、運営会社など一挙公開

2020/10/26 12:02 VTuber 最新ニュース一覧