デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

触覚機能搭載の全身モーキャプスーツ「HoloSuit」KickStarterで目標達成

身体を使ってVRをコントロールできるモーションキャプチャースーツが、クラウドファンディングKickstarterで目標金額を達成し、現在も資金調達を継続しています。このデバイス、Kaaya Tech社の「HoloSuit」は、全身につけたセンサーを使い、身体の動きをVRに反映します。

全身を動かし、身体で覚える

全身のモーションキャプチャは需要が高まっています。全身モーション・キャプチャーデバイスには、これまでもNoitom社の「PERCEPTION NEURON 2.0」などがあり、産業分野や学術研究、バーチャルYouTuber(VTuber)でも使われています。今回の「HoloSuit」は触覚機能を搭載しているとの点が特徴的。その性能に注目したいところです。

HoloSuitの最上位モデル「HoloSuit Pro」は、計36のセンサー、9か所の触覚フィードバックデバイス、6か所のスイッチを備えています。これらは指のトラッキング可能な両手のグローブ、スーツのパンツ部分、頭まで覆うジャケット、に分散して装着されています。
簡易版のモデル「HoloSuit」では、センサーの数を減らし、上着のみ。グローブやパンツは別売です。

想定している用途は、スポーツの練習やロボットの操作、危険な場所でのシミュレーションなど多岐にわたります。HoloSuitを使って全身の動きで操作すると、ユーザーは身体を動かし、筋肉の働きを脳に記憶させることができます。これは、手に持ったコントローラーで操作する時とは異なる点です。

トラッキング用カメラ不要、主要HMDやスマホにも対応

HoloSuitでは、トラッキングにカメラが不要です。Kaaya社によれば、埋め込みのセンサーがトラッキングに必要なモーションキャプチャーを行い、データをワイヤレスで転送します。。

対応するヘッドセットはHTC Vive、Oculus Rift、 Windows Mixed Realityヘッドセット、HoloLensと、主要なVR/MRデバイスをカバーしています。またスマートフォン向けのGear VRの他、AndroidとiOSのタブレット、スマートフォンにも対応しています。

スーツの洗濯も簡単です。面ファスナーでつながったセンサーを外せば、そのまま洗濯機で洗うことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=SEQsDR32gII

7月末までKickstarter実施

価格は最も安いもので999ドル(約11万円)、HoloSuit Proには1,599ドル(約17万円)、グローブは片手で249ドル(約2万7千円)です。

クラウドファンディングでは既に目標の5万ドルを集めていますが、7月末まで資金調達を継続中です。また、早割のキャンペーン価格も設けられています。

Kickstarterのページはこちら。

(参考)Venture Beat


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

米旅行検索サイトがVRアプリ VRで体験し旅先選ぶ

2018/07/04 11:33 プロモ・マーケティング

アイスランドのVRゲームスタジオ100万ドル調達 VRとAIの融合目指す

2018/07/04 11:33 投資
VR/AR/MR 用語集