Home » フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」、ハンドトラッキング実装も検討中か


VRSNS 2020.09.02

フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」、ハンドトラッキング実装も検討中か

2019年に発表された、フェイスブックのソーシャルVRサービス「Horizon」。2020年9月現在はβ版の登録受付が行われており、リリースが近づきつつあるようです。この「Horizon」について、海外メディア・UploadVRがインタビューを行いました。

「Horizon」のプレイヤーは自身のアバターを作成、バーチャルワールドに参加し他のユーザーとコミュニケーションができます。対応VRヘッドセットはOculus RiftとOculus Questです。

ハンドトラッキングの実装を検討中か?

UploadVRがハンドトラッキングのサポートについて質問したところ、フェイスブックは「我々は、Oculusの新システムや、ハード上の変更のすべてに期待を抱いており、(中略)可能な限り組み込むことを目指しています」と、含みのある回答を返しています。ハンドトラッキングはコントローラーのボタンなどに縛られず、様々なアクションを可能とすることから、実装される可能性は十分ありえると言えそうです。

その他、フェイスブックのコメント(抜粋)

・現時点では、HorizonはOculus RiftとOculus Questに注力しており、PlayStation VRやSteamVR系ヘッドセット版に関して言えることはありません。

・興味深い視点が得られるのは確かですが、我々はゲームスタジオやファーストパーティー、社内の他部門とは提携せず、「Horizon」の制作は独立して行っています。また我々は、幅広いスキルのユーザー層がクリエイションツールを使って、ワールド製作を行うことに興味を抱いています。

詳細は不明ながら、現時点では、Oculus系ヘッドセット向け以外のバージョンは製作されていないことが読み取れます。他のゲームスタジオやファーストパーティなと提携していないのも、興味深いアプローチと言えるでしょう。

(参考)UploadVR


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード