デイリーランキング

恐るべき中毒性でトレンドを席巻するVTuber桐生ココの魅力とは?

VTuber

2020/02/22 19:30

世界最大級の地下空間“龍の巣”にカメラ潜入 NHKが360度映像公開

VR動画

2020/02/21 13:07

名取さなロングインタビュー Vのオタクを喜ばせるためにできることは?

VTuber

2020/02/22 11:30

新型コロナでイベント中止、AIのらきゃっと登場【週間VTuberニュースまとめ】

VTuber

2020/02/22 12:30

【ドラクエウォーク】バージョン1.7.0配信 メインクエのあらすじが確認可能に

ドラクエウォーク

2020/02/21 15:57

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

カリフォルニアで山火事の消火にAR導入 現場の地図と動画をリアルタイム共有

この夏、米国カリフォルニア州では大規模な山火事が続いています。この消火活動の現場で、ARを活用する動きがあります。活動するメンバーが現場の様子を詳細に知り、互いに情報を書き込みながら共有できるシステムです。

素早い対応が可能に

現在、アラメダ警察及びメンローパーク消防隊のメンバーが、「EdgyBees」と呼ばれるAR技術を用いています。このシステムでは、現場に散らばる隊員が、リアルタイムで更新される現場の地図を確認できるようになっています。

これまで隊員たちが用いていたのは、ガスパイプライン等が記された(物理的な)地図や、トランシーバーなどでした。AR技術を活用することで、よりスピーディーな対応を実現します。

リアルタイムの動画と地図を配信

技術を手がけたEdgyBees社のCEO、Adam Kaplan氏は「山火事のような自然災害では、メンバーや設備、危険が起こりうる場所の正確な位置を把握することが必要です」と話しています。そして、「『EdgyBees』は、リアルタイムの動画と地図情報を重ねて配信します。地図には、建物の配置、ユーザーが指定したマーカーといった様々な視覚データ、有用な情報が含まれています」と説明しています。

Kaplan氏によれば、この技術はスポーツキャスターが試合画面に書き込みをする様子から着想を得たとのこと。「EdgyBees」では、異なるメンバーが互いに情報を書き込み、やり取りすることも可能です。

「ソフトウェアと動画は、消火活動に当たるドローンのパイロット、地上部隊といったあらゆるメンバーで共有できます。画像は司令室にもストリーミング配信されるので、これをもとにすばやく指示を出せます」と同社はそのメリットを説明します。

導入コストの低さもメリット

またこの他「EdgyBees」の利点の1つは、プラットフォームをまたいでの開発が容易という点です。Kaplan氏によると、ソフトウェアはPC、iOS、Androidに対応。導入の手間が非常に少ないということです。

災害対応にARを活用する取り組みとして、ARヘルメットや酸素マスク、防災マスクなども開発されています。

消防士用ARヘルメット 毒性センサーやサーマルカメラの情報を表示して迅速な救命へ | Mogura VR

消防士用ARヘルメット 毒性センサーやサーマルカメラの情報を表示して迅速な救命へ | Mogura VR

MoguraVR

AR酸素マスクが運送会社で採用、飛行機火災でも視界を確保 | Mogura VR

AR酸素マスクが運送会社で採用、飛行機火災でも視界を確保 | Mogura VR

MoguraVR

セイコーエプソンら、ARグラス搭載の防災マスク開発 救助で活用 | Mogura VR

セイコーエプソンら、ARグラス搭載の防災マスク開発 救助で活用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)ZDNet


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

NVIDIA、新世代ゲーミングGPU、GeForce RTX 2080 Tiほか3モデル発表

2018/08/21 11:01 テック

VRの世界を作る「NEWVIEWアワード」ファイナリスト19作品が発表、8月末に体験会も

2018/08/21 11:01 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集