ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

【プレビュー】そうか自分は鳥なのか…。Ubitsoft初のVRゲーム。鷲になってパリの街を飛び回る『Eagle Flight』

舞台は人間が絶滅し、自然が侵食し始めたパリ市街。そんな廃墟となったパリを鷲になって飛び回る…。

https://www.youtube.com/watch?v=q8GwRiTTO3o

アサシンクリード等で知られる海外の大手ゲーム会社UbiSoftが制作した初のVRゲームは、鷲の視点になって遊べる『Eagle Flight』。Oculus Rift、PlayStation VR向けタイトルです。

Ubisoftの開発チームに話をきいたところ、目指したのは誰でも簡単に楽しめるシンプルな操作のVRゲームとのこと。

確かに一人称視点の本ゲームの操作は至ってシンプル。基本的に前方に向かって自動的に飛んでいるので首を左右に倒す事で行きたい方向へ方向転換していきます。L2で減速、R2で加速。また×ボタンを押すと敵に向かってスクリーム(鳴き声を上げると、その音が白い円となり発射される)を出して攻撃が可能です。

eagle fight

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ゲームには、ミッションをクリアしていく1人用のモードとオンラインで最大6人で3vs3の対戦ができるマルチプレイヤーモードがあります。

一人用のモードでは、用意された輪っかを順番にくぐっていくミッションや、敵を倒すミッションなど様々なミッションが難易度順に用意されています。輪っかをくぐっていくミッションは空をとぶことに集中でき、その爽快感が特徴的。シンプルながら、鳥になって美しい街を飛び回る楽しさはとにかく楽しいため、のめり込んで体験してしまいました。一方、敵を倒すミッションは一転、動く敵に狙いを定めるため、シューティングのような緊張感のある展開になります。

eagle fight

そして、その緊張感をフルに活かしたのがマルチプレイヤーモードです。最大3人VS3人で遊ぶことが可能。マップ上に出現するウサギを掴み、自分たちの陣地に持ち帰ることでスコアが入り、総得点を競います。

ウサギをめぐっての攻防は思った以上に白熱。飛ぶことと、相手をスクリームで攻撃するだけのシンプルな行動ですが、思わず歓声(とやられたときは罵声)を上げてしまうほど白熱します。PS VR向けソフト『RIGS』でも感じられたスポーツ的な楽しさを味わうことができるソフトです。

Oculus主催のイベントで体験した際、ちょうど筆者の隣にはOculusの創設者パルマー・ラッキー氏が味方チームとして参加。一緒に歓声をあげて楽しんでいました。

160314001
そんな本ゲーム、一人称でめまぐるしい動きがあるということで、ともすれば1秒もたたずに酔ってしまいがちです。酔いやすい人は注意が必要ですが、筆者は一切酔いませんでした。加速時に視界を狭めつつ加速による白い線を周囲に出すなど酔いに配慮したと思われる色々な工夫が施されています。

このゲームの舞台となるパリの市街は、すべて本作のために設計したものとのこと。Unityによって開発されました。現実のパリの町並みを少し縮める形で再現しているとのこと。街の中心にあるエッフェル塔をはじめ、高低の建物が所狭しと並んでいる中を飛ぶ体験は圧巻です。
Eagle_Flight_screenshots_1252_01
シンプルさもさることながら、建物の中の細いところをくぐり抜ける瞬間、そして大空に加速していく瞬間、人間である現実では決して体験できないことです。そのため「自分は本当に鳥なんだ」と錯覚してしまうほどの強烈な実在感が印象的でした。

(関連記事)
イライジャ・ウッド、アサシン クリードのUbisoftと共同でVRコンテンツを制作中

<ソフトウェア情報>
「Eagle Flight」
【メーカー】 Ubisoft
【開発者】 Ubisoft
【対応ハードウェア】 Oculus Rift製品版、PlayStation VR
【価格】 未定
【操作】Oculus Rift版:Xbox Oneコントローラー、PlayStation VR版:DualShock 4
【リリース日】 Oculus Rift版:2016年春、PlayStation VR版:未定

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★★
【快適さ】★★★☆☆(人によって酔う)
【操作性】★★★★★

Mogura VR主催 イベント情報
7/23 VR/AR/MRデバイスかけ比べ体験会@もぐラボ
7/26 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る
7/30 はじめてでも安心 VR/AR/MR最新動向丸わかりセミナー エンタメ編

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
7/23 VR/AR/MRデバイスかけ比べ体験会@もぐラボ
7/26 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る
7/30 はじめてでも安心 VR/AR/MR最新動向丸わかりセミナー エンタメ編

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。Boothにて書籍「寝転んでNetflixを観ると、 VRの未来が見える」販売中

Twitter:@tyranusii

サヤメタクミ

先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

Twitter:@sayamet

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集