ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ドワンゴ、バーチャルYouTuberの公開収録ができるスタジオを提供開始

株式会社ドワンゴは、バーチャルYouTuberが出演者として公開収録ができるスタジオの提供開始や、大規模なバーチャルキャラクターを収録できるスタジオを導入しました。

バーチャルYouTuberが出演者として公開収録が可能に

池袋にあるニコニコ本社の「ニコぶくろスタジオ」では、新たにバーチャルキャラクターがラジオのパーソナリティとして出演できる「バーチャル機能」の提供を開始しました。

透明型の有機ELモニターに映し出されるキャラクターと自然なスタイルで収録を行うことができ、演者や観客とのリアルタイムのコミュニケーションを可能としています。


(モニターの背後にはアクターが見るカメラが設置されている)

バーチャルキャラクターを演じるアクターの方では、モニターの後ろに設置されているカメラを通して演者や観客を確認します。これにより、アクターは話す相手の方向を見ながら「目線を合わせてのコミュニケーション」が可能となります。

別の部屋にいるアクターは、頭と腕にVRデバイス「Viveトラッカー」を装着してキャラクターを演じます。手前のモニターには、スタジオに設置されているカメラの映像が映し出されています。キャラクターの表情は手元のデバイスで変更できます。

利用費は初回限定で割引もに

上記バーチャル機能の利用費は、有機ELモニター、キャラクター操作機材一式、セッティング、オペレーションスタッフ込みで通常価格150,000円(初回特別価格50,000円)で提供されます。バーチャルキャラクターは自分のモデルデータを持ち込むことも可能です。

バーチャル機能利用費:通常価格150,000円(初回特別価格50,000円)
スタジオ利用料:11:00~21:00(平日120,000円、土日祝170,000円)
ニコニコ生放送費用:要相談
誘導スタッフなど:要相談

なお、バーチャル機能は、超会議で実施される「超バーチャルYouTuBAR」と同様のシステムです。

http://www.moguravr.com/vtuber-chokaigi2018/

同時に10名程度のバーチャル生放送が可能な大型スタジオも設置

ドワンゴの東京・品川にあるスタジオは、同時に10体程度までのバーチャル生放送や収録が可能です。モーションキャプチャー可能エリアは、12m×8m×3mの広さとなっています。本スタジオは、リアルタイムのキャラクター演出を含め、ドワンゴの多様なVR研究開発の拠点となるとのことです。こちらは現時点では一般向け開放は行われていません。

また、ドワンゴはバーチャル生放送用モーションキャプチャースタジオを東京・港区に設けています。ここでは、同時に2名までのバーチャルキャラクターを出演させての生放送や収録が可能。ニコニコ公式生放送での「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」こと「ねこます」氏や、月ノ美兎の番組は港区のスタジオで行われたとのことです。

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース