デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

電極棒で鼻を刺激 VRでにおいを体験する技術

マレーシアの研究ラボThe Imagineering Instituteでは、インターネットを通じて「匂い」を感じることが可能になる技術を開発していることが明らかになりました。「Digital Smell Interface(デジタル嗅覚インターフェース)」は、鼻孔内へ直接電気刺激を与えることで、においを体験することができます。

においをデジタル化

今までにも、においのデバイスとしてさまざまなプロダクトが開発されています。すでに、VR内の映像にあわせて匂いを出すデバイス「VAQSO VR」がサービスを展開しています。「VAQSO VR」は、VRヘッドセットに装着したカートリッジから匂いパウダーを放出するタイプの装置です。

今回マレーシアの研究ラボが開発した技術は、電気刺激で鼻孔内で匂いを感じるため「Vasqo VR」のように空気内に化学物質を放出することなく、またカートリッジの交換も不要となります。理論上ではほぼすべての匂いを体験できるとのことです。

この技術で、音声やビデオのように、匂いもデジタルファイルに格納されインターネットを通じて送受信することが可能になるといわれています。今後VRの世界のものの匂いを体験することが一般的になるかもしれません。

電極棒は痛みもなく安全

この技術では、匂いを感じるために電気刺激を使用しますが、開発研究者によると、使用するのは数ミリアンペアとわずかな電流のため、痛みもなく安全に利用できるように設計されているとのこと。

現状では、使用するために電極棒を鼻の奥の方まで差し込む必要があり、少し実用的ではないかもしれません。しかし、今後も嗅覚をデジタル化する分野の成長に注目したいところです。

https://www.youtube.com/watch?v=k2o1m2Bz4p0

(参考)UploadVR

【インタビュー】好調続くDMM VR、2年目の売上は前年比2倍の40億円突破

2018/11/10 12:00 業界動向

TGS4時間待ちの「MakeS VR」カプコンカフェで稼働開始

2018/11/10 12:00 ゲーム・アプリ