デイリーランキング

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

ビッグデータとVRで“街の欲求”可視化、ヤフー・日建・東急らが取り組み

統計・データ

2019/07/16 19:30

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

テック

2019/07/17 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

電通、VRで新しいスポーツ観戦体験 離れた友人と一緒に観戦も

株式会社電通は、VRで新しいスポーツ観戦体験のためのプロトタイプ「Fanglass(ファングラス)」を開発しました。スマートフォンとVRゴーグルを用いて、友人などと様々なアングルからスポーツを楽しむことができます。


(直感的に操作可能なVR によるUI「Face Flick」を搭載)

Fanglassは、スポーツ観戦がVRで可能になるプラットフォームを開発する米国の「LiveLike Inc.(ライブライク社)」の技術をベースにしています。VRゴーグルをかけることで、サッカーであればゴール裏やVIPラウンジなど、様々なアングルからスポーツを楽しむことが可能です。

「ソーシャルVR機能」では、離れたところにいる友達がVRの中にアバターとして現れます。一緒に好きなチームを応援したり、次の展開を予想したりすることが可能になるなど、その場を共有する感覚で観戦が楽しめるとのこと。

(開いた状態から磁石によって素早く組み上がるゴーグルを採用)

電通は、市場の拡大が見込まれるスポーツ・エンターテインメント領域のVRビジネス開発支援体制を強化していきます。

同社はこれまでも、ライブライク社への出資やグループ横断組織「Dentsu VR Plus」の発足などを通じ、VR領域のビジネス化を推進しています。特にスポーツ・エンターテインメントコンテンツは有望分野として考えられ、専門人材や外部ネットワークの拡充を図るなどチーム体制の強化を行っているとのことです。

今後もVR・ARを広告ビジネスだけでなく、顧客企業やパートナー企業とのビジネス開発にも利活用することで、VR内のスポーツ視聴体験において、新しいサービスやソリューションの開発を進めていくとしています。

(参考)株式会社電通 プレスリリース





ARサッカー観戦やVRの医療活用、E3でのPSVRゲームなど – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/06/18 14:24 業界動向

「東雲めぐ」の二次創作向けガイドライン、β版が発表

2018/06/18 14:24 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集