デイリーランキング

【ポケモンGO】遠くてもレイドバトルができる! コロナ対策で仕様変更

ポケモンGO

2020/04/02 11:00 New

【2020年】エイプリルフール VTuberが仕込みネタを次々披露

VTuber

2020/04/01 12:26

「ゴブリンスレイヤー」コミカライズ漫画家 黒瀬浩介VTuberデビュー

VTuber

2020/04/01 12:39

VTuberグループ「VGaming」が解散へ メンバーは個人で継続・卒業など

VTuber

2020/03/31 11:38

【ドラクエウォーク】RIZAPエイプリルフールコラボ  カンダタが…!

ドラクエウォーク

2020/04/01 16:51

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

看板やポスターを現実に重ねて表示 HoloLensアプリ

株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)とフォント制作会社の株式会社モリサワは、マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」向けの空間プレビューアプリ「Creative Design X(仮)」を共同開発しました。看板制作などで、デザインの段階で現実に近い空間での見え方を確認できるものです。

「Creative Design X」は、ディスプレイ上でデザインや確認していた看板やポスター、案内板などを、デザインの段階でより現実に近い空間で見え方を確認できるアプリケーションです。プレビュー空間上でフォントを自在に変更して見え方を比較することも可能とのことです。

例えば街頭の看板や駅の案内板、電車内の広告、展示会でのブースなどをデザインする場合において、あらゆる方角からの見え方や動線に応じた分かりやすさ、人混みなどの状況、景観への影響など、様々なシチュエーションをリアルに近い状態で確認できるとしています。

本アプリケーションは、2018年11月14日から16日まで幕張メッセで開催される「Inter BEE 2018」のモリサワブースで展示されています。

なお、両社はMR空間での「フォントの視認性とデザイン性」や「フォントの変化によって生じるユーザー体験(UX)の違い」について共同研究を行っており、HoloLens向けの商品紹介用アプリも開発しています。

(参考)株式会社神戸デジタル・ラボ プレスリリース


【Moguraのイベント情報】
このタイミングで知っておきたい! VR/AR/MR最新動向丸わかりセミナー(4月8日、バーチャル開催)

【注目の記事】
VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記
あなたは「DPVR」を知っているか? 中国の“老舗”VR企業に迫る
VRやARは、社会にどのような “幸せの断片”を見せたか――デジハリの成果発表会から


イケボ配信者がゲーム対決! まじかるどーるが「イケボまつり」11月15日に開催

2018/11/15 10:32 VTuber 最新ニュース一覧

NVIDIA、ミドルレンジのプロ向け新グラボ「Quadro RTX 4000」発表 12月発売へ

2018/11/15 10:32 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集