デイリーランキング

人気ゲーム「Apex Legend」と類似名称 “勘違い”でとあるVRゲームの売上が爆増

ゲーム・アプリ

2019/02/18 11:31

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月9日~2月16日)

VTuber

2019/02/17 19:15

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

スマホ向けAR制作ソフトがUnity対応 動く3Dコンテンツを制作可能に

スマートフォンなどで使用できるAR(拡張現実)機能は、現実にデジタル情報を重ねて表示させることが可能です。また、任意のARマーカーを読み込むことで特定のオブジェクトを表示させることも可能です。

今回、企業向けAR制作ソフト『COCOAR』がゲーム制作エンジン「Unity」に対応しました。これにより、AR閲覧アプリ『COCOAR2』を用いた「動く3Dオブジェクト」のコンテンツの制作・表示が可能になります。

両アプリの開発を手がけるスターティアラボ株式会社によると、「今回の対応により、キャラクターやゲームといったデジタルコンテンツを扱う企業のニーズにも応えることが可能になる」とのことです。

『COCOAR』で制作したARコンテンツは、紙媒体などに印刷された任意の画像をARマーカーとして設定し、ARアプリ『COCOAR2』でかざすことでコンテンツを閲覧できます。ARコンテンツは、クラウド上にアップロードされるため多くのコンテンツを低コストで制作可能とのことです(最大10GB)。

また、アプリはGPS機能やスタンプラリー機能にも対応しており、リアルイベントや実店舗の集客ツールとして活用されています。栃木県の那須町では「地域の魅力を発信」する取り取り組み、日本出版販売では「実店舗の販売促進」などに採用されています。

スターティアラボによると、今回の対応はARを使った脱出ゲームや宝探しゲームといった、リアルゲームプラットフォームの下地作りとのことです。主にキャラクターやゲームといったデジタルコンテンツを扱う企業など、コンテンツの世界観をよりリアルに表現するために活用されることを期待している、としています。

(参考)
AR制作ソフト「COCOAR」、2月6日(火)機能拡充!Unity対応で、動的3Dコンテンツの表示が可能に / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000016877.html


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

VRに現実のものを“持ち込む”「Viveトラッカー」とは?

2018/02/07 15:00 HTC Vive・Vive Pro

VRで「お客の購買行動を可視化」 欧州最大規模のVR展に出展

2018/02/07 15:00 イベント情報