デイリーランキング

スナップチャットの“性別を変えるARフィルター”が大ヒット

AR/MR

2019/05/15 18:30

ハニーストラップの蒼月エリが活動引退を発表 引退配信は5月21日に

VTuber

2019/05/20 11:13

iPadで書いたメモを空中にぺたり 画面から取り出してARで張り付ける

AR/MR

2019/05/18 12:00

にじさんじ、キャラ先行公開方式のバーチャルライバーオーディションを半年ぶりに開催

VTuber

2019/05/13 17:08

【Oculus Quest】発売時に遊べるゲーム・アプリ全58本まとめ(2019年5月20日更新)

Oculus Quest

2019/05/02 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

大阪工業大学がARシステム導入、研究室ゼミ・卒論などで活用

大阪工業大学は、シュナイダーエレクトリックの「EcoStruxureTM Augmented Operator Advisor(エコストラクチャー・オーグメンテッド オペレーター・アドバイザー、以下シュナイダーARアドバイザー)」を導入します。開発用ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」を使ったARシステムの構築を行い、卒業研究やオープンキャンパスなどで発表を行う予定です。

ロボット関連の研究室に導入

シュナイダーARアドバイザーはAR技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューションです。

メンテナンス効率化するARソリューション、販売体制を強化

メンテナンス効率化するARソリューション、販売体制を強化

MoguraVR

今回「シュナイダーARアドバイザー」の導入が決まったのは大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部ロボット工学科、本田幸夫教授の研究室。同研究室は産学共同でのロボットの実用化研究や、デザイン思考を活用した研究開発など、最先端の技術や考え方を取り入れた取組みを行っています。

これまでにも同研究室は、シュナイダーエレクトリックからプログラマブル表示器(HMI)やプログラマブルロジックコントローラー(PLC)などの提供を受けています。シュナイダーエレクトリックは、「ARを授業に取り入れることで、学生達が自身の研究の幅を広げ新たな気付きを生み出すことを期待」して今回の提供を行うとのことです。

今後学生は、AR専用の開発ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」を使いARシステムの構築を行います。その成果は卒業研究やオープンキャンパスなどで発表することも予定されています。

(参考)シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社 プレスリリース

ロバート秋山と魚たちが水族館を360度泳ぎ回る、NHKが動画公開

2018/08/21 17:00 VR動画

VRで食品安全の国際基準目指す、教育ソリューションが発表

2018/08/21 17:00 トレーニング・研修

VTuber ライブ配信予定表

バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集