新オフィスができるまでの一部始終 8万枚以上の360度写真を使ったタイムラプス映像が公開

全天球映像制作に取り組む「渡邊課」は、8万4000枚を超える全天球画像から高画質の360度動画を公開しました。今回株式会社コンセントが行なったPRリニューアルプロジェクトの一環として、新オフィスのタッチディスプレイで流すことを目的としたVR映像です。クライアントであるユニオンテック株式会社は空間プロデュース事業を行う会社のため、オフィスの制作風景を流すことでの企業PRを目的としています。

https://www.youtube.com/watch?v=U77E9LviKWY

オフィスの制作過程が360度見渡すことができます。とある方向を集中して見た様子。この時点では、ここから何がつくられるのか素人目ではわかりません。

人がぞろぞろと集まりながら、作業をしていく様子が見えます。

だんだんとディスプレイ感が出てきました….

完成!美しいです。

360度映像のため、映像のさまざまな場所でこのような制作過程が閲覧できます。

興味のある方は是非閲覧してみては如何でしょうか。

今後もこういった意欲的な作品を、Mogura VRでは紹介していきます。

この記事を書いた人

  • 先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ