HTCの一体型VRヘッドセットの名称が判明?

HTCは、2017年末にPCやスマートフォンを必要としない一体型のVRヘッドセットの開発を進めています。商標登録からその名称と思しき単語が明らかとなりました。

スタンドアローン型VRヘッドセットか?

2017年に行われた グーグルのイベントで、HTCとLenovoは「Daydream」プラットフォームに対応した一体型VRヘッドセットを開発していると発表されいました。しかし、黒いシルエットのみが明かされており、具体的な情報はおろか名前や外見も明らかにはされませんでした。

オランダのメディアLetsGoDigitalは9月8日にHTCがEUと米国で「Vive Focus」という商標を提出したと報じました。HTCはこれについて何も言及していません。

この一体型VRヘッドセットには、同社が「World-sense」と呼んでいるコンピュータービジョンの技術を使用したトラッキングシステムを使用しています。身体を動かしてルームスケールの体験をする際、「HTC Vive」のように、外部にセンサーを必要としないシステムとなっています。
2017年も残りわずか。当初の発表では2017年中の発売を掲げていただけに、今後の続報が期待されます。

(参考)
HTC Registers ‘Vive Focus’ Trademark in EU & US, Likely Intended for Standalone VR Headset/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/htc-registers-vive-focus-trademark-eu-us-likely-intended-standalone-vr-headset/

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ