視線追跡技術のTobii、HTC Vive向けに開発キット提供へ

目の動きや瞼の開閉を追う視線追跡技術は次世代のVRデバイスの機能として注目が集まっています。この技術の搭載によって、コントロールや処理負荷軽減、より深いVRでコミュニケーションの実現などが期待されています。

スウェーデンの視線追跡システムを開発するTobii社が、PC向けVRヘッドマウントディスプレイHTC Vive向けの開発キット「VR4」を発表しました。

Tobii社と視線追跡システム

Tobii社はスウェーデンに拠点に置く視線追跡システムの大手メーカーです。日本やアメリカ、中国など世界にオフィスを構えており、自動車やPCのほか、医学や工学の分野で視線追跡システムを導入するサービスを提供しています。

同社はVR向けの視線追跡システムの開発も行っています。

VRの視線追跡システムが実現されることで、視線で素早く操作をすることができる上、GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)のレンダリングを最適化して、ユーザーの視線のみにグラフィックの質を集中させることで、パフォーマンスを向上とコストの低減につなげることも期待されます。

Tobii社の「VR4」とは

今回、Tobii社はデベロッパー向けにPC向けVRヘッドマウントディスプレイHTC Vive用の開発キット「VR4」を発表しました。

開発キット「VR4」には以下のような内容が含まれています

・Tobii VR4(Tobii社の視線追跡システム)
・ヘッドマウントディスプレイ(HMD) キット(HTC Viveビジネスエディション)
・Tobiiソフトウェア開発キット
・Tobiiの視線追跡システムを使ったアプリ例

Tobii社のCEO、Oscar Werner氏は「さまざまなVRデベロッパーから、私たちの視線追跡システムを使ってVR開発を行いたいという要望を受けていました。Tobiiの視線追跡システムにより、より多くのデベロッパーがクリエイティブな開発を行っていただけると思います」とコメントしています。

3月のGDC2017で展示されたTobiiとHTC Viveのデモは驚くほど快適なアイトラッキングを実現していました。

https://www.youtube.com/watch?v=XYSpAz_dWoQ

なお、この「VR4」は一般消費者向けには販売されていません。もし希望の場合は、Tobii社のサイトから特別に登録する必要があり、のちに価格などの情報を告知するとのことです。

日本に拠点を置くFOVE社も視線追跡デバイスを開発しています。FOVE社は視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「FOVE 0」を開発しており、こちらはVRHMDそのものの開発を進めています。

また、HTC Vive向けには中国の7invensum社が、220ドルで視線追跡機能を追加するデバイスを発表しています。

今後、視線技術の動向にも注目が集まります。

(参考)
Tobii Unveils Its Eye Tracking Development Kit For HTC Vive
https://www.vrfocus.com/2017/05/tobii-unveils-its-eye-tracking-development-kit-for-htc-vive/ (英語)

Tobii社 公式ページ https://tobii.typeform.com/to/WKPybS (英語)

MoguraVRはVRfocusとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ