PSVR最新モデルが10月14日発売 カメラ同梱で44,980円

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation VR(PSVR)の最新モデルを、日本国内に向けて2017年10月14日より発売します。
本モデルはPSVRの使用に必要なPlayStation Cameraとセットでの販売となり、価格は44,980円(税別)。今回の最新モデルにおける変更点は、ユーザビリティの向上を図るためのものが主となっており、画質や解像度に関する部分の変更はありません。

最新モデルのPSVR(CUH-ZVR2)は、ユーザーがより快適に使用できるようにヘッドセットの機構の一部を見直しているとのこと。旧モデルからの主な変更点は以下の通り。

・VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置。同梱ステレオヘッドホンの接続でケーブル配線をVRヘッドセットに一体化することが可能。
・VRヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルをよりスリムな一本のケーブルに集約。
・プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応。

取扱店舗を約900店舗に拡大、全国で体験イベントも開催

また、最新モデルのPSVR発売に合わせて、日本国内の販売取扱店舗を913店舗に拡大するとの発表がされています。これまでの取扱店舗数が394店舗だったことを踏まえると、10月14日以降の取り扱い店舗数は実に2倍以上となります。販売店舗情報についてはこちらから確認が可能です。

また、並行して銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神にあるソニーストア、および全国各地のイオンモールでの体験会が開催されます。開催日時は店舗や地域によって異なりますが、概ね10月14日から12月中旬まで、土日に行われるとのこと。体験会の詳細な開催日程ならびに開催場所の情報はこちらから確認が可能です。

(関連リンク)
・PSVRを購入するには?価格、入荷時期など最新情報まとめ
・10月以降、PS VRは再攻勢か 年末商戦に向けて吉田修平氏が語る
・プレスリリース

関連するキーワード: PlayStation VRソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ