Oculus Rift製品版を装着した時に気になる鼻の隙間を解決する方法

3月28日に一般販売されたOculus Rift製品版、実際に装着しVR体験をしてみると、鼻の接着面の部分に隙間が生じてしまうことがあります。

ヘッドマウントディスプレイと鼻の間に隙間ができてしまうと、外部の光が差し込んでしまい、VR体験中に気になってしまいます。せっかくVR体験をしているのに、物理的な理由で没入感が損なわれてしまうのは、問題と言えるでしょう。

この隙間が生じてしまう問題を解決する方法を発見したのは、なんとソニー・インタラクティブエンターテインメント ワールドワイドスタジオ・プレジデントの吉田修平氏。

それは、Oculus Riftと鼻の間にアイマスクを挟んで装着するというものです。これにより、隙間がなくなります。

oculus yoship

紹介されているのはアイマスクですが、柔らかい布や紙などであれば応用することができます。

各個人によって使用感は異なると思いますが、もし隙間が生じてしまい気になってしまうことになった際は、この方法で解決できるかもしれません。あきらめないで、ぜひ、お試しください。

(関連記事)
Oculus Rift製品版、3月28日の発売に向けて出荷を開始

【完全版】Oculus Rift製品版ローンチタイトルまとめ。ゲームもノンゲームアプリも先行アクセスも。

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/