デイリーランキング

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

Oculus Rift S、GDCで発表か?複数の開発者がメール入手

Oculus Rift

2019/03/18 11:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Zotac、VR用バックパックPC次世代機「VR GO 2.0」

6月上旬に台湾で開催されたCOMPUTEX2018。VR/AR関連の新製品はあまり見当たりませんでしたが、新製品の展示を行っていたのはPCメーカーのZotacです。2016年に発売したバックパック型PC「VR GO」の次世代機「VR GO 2.0」を展示していました。

施設型VRで採用されることの多いバックパックPC

バックパック型PCはVR内でも動き回るHTC Viveなどとの併用を想定されてデザインされています。このPCを使うことでPCから垂れ下がるケーブルを気にすることなく自由で快適なVR体験が実現します。歩き回るVRというと、いわゆる施設型のVRで利用されることが多く、日本でも新宿の「VR ZONE SHINJUKU」などで採用されています。Zotax以外にもMSI、ドスパラなどから機種が発売されています。

VR GO 2.0は次世代機を謳いつつも、新世代CPUの採用による若干の性能向上や軽量化、ゲーミングPCでお馴染みのカラフルな点灯の追加は行われていますが、大きな変更点はありません。

CPUにはインテルCore i7-8700Tを採用。メモリは16GB、グラフィックボードには前世代機と同じGTX1070が搭載されています。


前世代機と異なりロゴと両サイドがカラフルに点灯するようになった。


4.9kgから4.5kgへ軽量化された。装着した際は確かに幾分軽くなっただろか、という印象だ。


展示は3Glasses社製のWindows Mixed Realityヘッドセット(国内未発売)でVRゲーム「Beat Saber」を体験するというものだった。

VR GO 2.0のスペック(前世代機との比較)

VR GO

VR GO 2.0

CPU

Intel Core i7-6700T

Intel Core i7-8700T

GPU

NVIDIA GeForce GTX 1070

NVIDIA GeForce GTX 1070

メモリ

DDR4-2133 16GB(最大32GB)

16GB DDR4 SODIMM
(2×8GB)(最大32GB)

ストレージ

240GB M.2 SATA SSD
2.5インチ SATA 6.0Gb/sスロット×1

240GB M.2 SATA SSD
2.5インチ SATA 6.0Gb/sスロット×1

ディスプレイ出力

HDMI 2.0、DisplayPort 1.3×2

DisplayPort 1.4 / 2×HDMI 2.0

外部端子

6×USB 3.0

4×USB3.1 / 2×USB 3.0 / Thunderbolt 3

ネットワーク

802.11ac Wi-Fi / Bluetooth 4.2 / ギガビットイーサネット

802.11ac Wi-Fi / Bluetooth 5 / ギガビットイーサネット

電源

2×リチウムイオンバッテリー(95Wh)

2×リチウムイオンバッテリー(86.4Wh)(交換不可)
2×12V出力(VRHMD用)

駆動時間(公称)

不明

1.5時間

重量

4.9kg

4.5kg

VTuber「富士葵」 の公式ストア開設、限定グッズなど販売

2018/06/13 11:00 VTuber 最新ニュース一覧

Leap Motionのトラッキングが強化、認識精度などアップ

2018/06/13 11:00 開発