デイリーランキング

【ポケモンGO】「メガヘルガー」登場 遅延問題にも対策か

ポケモンGO

2020/09/27 11:00

【ドラクエウォーク】新上級職「スーパースター」実装など新情報公開

ドラクエウォーク

2020/09/26 16:00

発売近づくQuest 2、北米ではすでに品薄気味?

Oculus Quest

2020/09/27 12:00

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月19日~9月25日)

VTuber

2020/09/27 19:30

思わず絶賛 ユーザー視点から「Oculus Quest 2」をレビューしてみた

Oculus Quest

2020/09/24 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

YouTube、日本VRクリエイター向けにプログラム開催 「VR180」へ4万ドルの資金提供

YouTubeは、グーグルが提供するステレオ撮影のフォーマット「VR180」を使う、3ヶ月間のVRクリエイター向け集中プログラム「VR クリエイターラボ」を開催します。開催場所はYouTube Space Tokyoで、日本居住のクリエイター向けです。プログラム参加者は、VR分野で活躍する講師や映像制作者、メンターから学び、プロジェクト制作に向けて40,000ドルの資金提供を受けることができます。

参加資格は、登録者数 1万人以上のYouTubeチャンネル所有者またはインディペンデント映像制作者であること、年齢20歳以上であること、など。10月19日の17:00まで、こちらのページから応募を受付しています。

3D立体視のコンテンツを作成するVR180

VR180は2017年6月にグーグル(YouTube)が発表した、前方180度の撮影に特化したVR向けフォーマットです。レノボのMirage Camera with Daydreamが対応カメラとして発売されています。上下左右180度を撮影し、2つのレンズによって撮影したものを重ね合わせることで、立体視を活かした3Dのコンテンツを作成。これによりVRデバイス着用時により没入感のある体験が可能になります。VR180向けのカメラとして、また、ヘッドセットがなくとも、PCやスマートフォンで見ることもできます。

ブートキャンプ後、3ヶ月で5本の動画制作

VR クリエイターラボは、 2018年12月5日~7日にYouTube Space Tokyoで開催する、3日間の“ブートキャンプ”から始まります。この3日間では、ワークショップ、コーチング、プリプロダクション、交流アクティビティなどを行います。

ブートキャンプ終了後、参加者は3ヶ月にわたり、VR180オリジナル動画を最低5本、及びメイキング動画を1本制作します。動画は一話完結型でも、シリーズものでも構いません。撮影はYouTube Space Tokyoで行います。動画制作支援のための資金、カメラ、音声機器、撮影場所(該当する場合)、アシスタント等が提供されます。制作期間中は、2週間に1回ビデオチャットを行い、メンターとの対話や制作中の作品のレビューを行います。

「VR クリエイターラボ」概要

スケジュール

2018年10月19日 17時00分

募集締め切り

10月22日週

最終選考者へ通知 & インタビュー実施日を決定

11月5日週

ラボ選抜者を決定・通知

11月26日週

落選者へ通知

12月5~7日

YouTube Space Tokyoでのブートキャンプ

12月19日

参加者 ビデオチャット

11月9日

参加者 ビデオチャット 2

2019年1月23日

参加者 ビデオチャット 3 & 進捗レポート提出締切

2月6日

参加者 ビデオチャット 4

2月20日

参加者 ビデオチャット 5

3月13日

全動画の公開締め切り

参加資格

下記 2 つのうちいずれか一つを満たしていること
・登録者数 1万人以上のYouTubeチャンネルを所有し、著作権侵害ならびに利用規約違反の警告を現在受けていないこと。
・インディペンデント映像制作者(大手制作会社や 15 人以上の従業者がいる代理店と提携していない)であること。映画祭やインタラクティブメディアフェスティバルで作品を上映した経験があると好ましい。

その他の要件

・年齢が20歳以上であること。
・コンシューマーブランドのチャンネルまたはプロダクションチームではないこと。
・ビデオ会議に適した高速回線が利用できること。
・プログラム終了時に YouTube Space Tokyo にレンタルした機材をすべて返却すること。
・参加者自身のノート型パソコンを持参すること。
・日本の合法的な居住者で日本語での会話および読み書きができること。

詳細確認はこちらのページから、応募はこちらのフォームから行えます。なお応募に際して、ラボで制作したい5本の動画の企画書が必要となります。

(参考)YouTubeクリエイター


築地市場、83年の歴史に幕 VRで見る最後の一日

2018/10/15 12:00 VR動画

エイベックスの連続VTuberライブ 第2弾は奏天まひろが登場

2018/10/15 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集