Home » YouTubeの規約改訂の影響で、VTuberの「ASMR」動画が非公開対応になる事例が発生


VTuber 2022.06.07

YouTubeの規約改訂の影響で、VTuberの「ASMR」動画が非公開対応になる事例が発生

YouTubeの「子どもの安全に関するポリシー」が改訂され、ASMRに関する文章が明記されました。この改訂にともない、ASMRを軸に活動するVTuberの一部がASMR動画・配信アーカイブを非公開化するなど、対応に追われています。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

新たに明記されたのは「未成年者が出演するコンテンツ」のセクションです。

未成年者が出演するコンテンツで、下記の説明のいずれかに該当するものは、YouTube に投稿しないでください。

・個人宅の寝室や浴室などプライベートな場所で撮影したもの。
・未成年者が知らない人と接触を試みたり、度胸試しや挑戦をオンラインで行ったり、成人向けの話題を論じるもの。
・未成年者への不適切な注目を喚起するような活動(体の不自然な捻じ曲げや ASMR(聴覚や視覚への刺激によって得られる、心地よい反応や感覚を楽しむ動画)など)を披露するもの。
・未成年者の個人情報を公開するもの。

この「未成年者」にVTuberが該当する場合、ASMR動画・配信が規約違反となる可能性が浮上しています。VTuberの場合「見た目が未成年に見える」という理由で、この規約に抵触する可能性があるためです。

今回の規約改訂を受けて、ASMR動画や配信アーカイブを非公開化するVTuberが続出しています。

VTuberグループ「あおぎり高校」の運営は、所属VTuberのASMRアーカイブを非公開にした上で、「本件につきましてはYouTube側に問い合わせておりますので、返答内容次第ではアーカイブを再公開致します。」と発表しています。

ASMRを主力コンテンツとしているVTuberは一定数存在します。上述した「あおぎり高校」も、所属VTuberの一部はYouTubeでASMR配信を実施してきたほか、ダウンロード販売サービス「DLsite」にてASMR音声作品を発売しています。

こうしたASMRを主軸とするVTuberにとって、今回のYouTube規約改訂は、今後の活動への影響が予想されます。直接の因果関係は不明ですが、6月に入ってから突如YouTubeチャンネルがBANされたという報告も確認されており、場合によってはYouTubeチャンネルそのものを失うリスクも考えられます。

こうした中、クリエイター支援サイト「Ci-en」が「安全にASMRを投稿できる場所」としてアピールを始める動きも見られました。ASMRをめぐる規約改訂に伴い、VTuberの活動拠点や活動スタイルに大きな変化が起こるかもしれません。

(参考)YouTubeヘルプ


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード