デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】残る上級職の詳細判明 実装日も告知

ゲーム・アプリ

2020/01/24 20:08

セレブも続々投稿 ルーレット形式の“守護キャラ”フィルターが海外のインスタで流行中

AR/MR

2020/01/05 12:10

VTuberの間で「じゃあなんすか」構文のパロディ画像が流行中

VTuber

2020/01/23 19:23

【Oculus Quest】1月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

ゲーム・アプリ

2020/01/25 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【VTuberデータ分析】2019年下半期・VTuber生配信ランキング

こんにちは。myrmecoleonと申します。VTuberは現在は1万人以上が活動しており,YouTubeには月に3万本近くの動画が投稿されています。

以前に2019年上半期のVTuberの生配信ランキングを紹介しましたが,今回も2019年7月から11月に投稿されたVTuberの配信アーカイブから,高評価回数の指標で人気の高い動画を紹介します。

2019年12月1日午前0時時点で視聴可能な該当配信アーカイブのトップ30は以下。こちらから代表的な動画をピックアップしてみました。人気配信から,2019年下半期のVTuberの動きを振り返ってみましょう。

今回も上位を総なめにじさんじ トップはベストパートナー決定戦

動画 #にじさんじベストパートナー決定戦 開幕!!!

https://www.youtube.com/watch?v=zlq2jNp_3KE

2019年下半期第1位はにじさんじのバーチャルライバー卯月コウ・魔界ノりりむ主催,夢追翔司会,5組の男女ライバーが参加したにじさんじベストパートナー決定戦でした。2万人以上からの高評価を受けての堂々の1位です。

企業VTuberは女性が多くアイドル的な性格があることもあり,男女の関係は複雑なところがありますが,男性含めて数十名が所属するにじさんじでは長い期間でリスナーにも認められた男女の組み合わせがいくつか生まれています。そうした二人組を複数起用してエンタメ的な企画に昇華した点で秀逸な配信だったと思われます。
上半期でも紹介した夢追翔の名司会ぶりも今回も発揮されています。

動画 ポケットモンスターソードシールド にじさんじ杯 第1部【#剣盾にじさんじ杯】

https://www.youtube.com/watch?v=-LipqdryxVg

2位には発売まもないポケットモンスター新作で30名以上のにじさんじライバーが対戦した「剣盾にじさんじ杯」。主催・司会は個人VTuberで2019年5月からにじさんじネットワークに参加した天開司です。にじさんじ杯は3部に分けて開催され,これは一部を除く各1回戦が開催された第1部の配信。第2部もランクインしています。ガチからエンジョイまで個性的なポケモンを持ち寄ったライバーたちによる対戦で,いくつもの名勝負が生まれました。

それぞれのライバーが自分らの配信で育ててきたポケモンが使われるという点で各リスナーにとって応援しがいのある企画であり,またこれまでからむことの少なかった有名ライバーと新人ライバーの会話なども見どころです。

上半期も人気のあったにじさんじライバーが複数参加する企画配信・トークゲーム配信はその他,4位「あほあほ人狼」,5位「ASMRになりたい女たち」,24位「新・プロレスラー愛園」,26位「ちょっぴりアダルトなオトナ女子呑み」などいくつかヒットしています。

この文脈では月ノ美兎の活動が下半期かなり目立ち,企画の「ASMRになりたい女たち」のほか,本間ひまわりと司会した「百個怖い話言うまで帰れない放送2019」(前半後半)からの「【癒し】私と一緒にお話しましょう♪【雑談】」の流れは大変話題になりました。ミスでTwitterを凍結させた後の「月ノ美兎・爆誕スペシャル」もランクインしています。

企画ものでは30位の「相剋、にじさんじマスコッツVSホロライブマスコッツ」のように,他社のVTuberグループとのコラボもあります。「ASMRになりたい女たち」も参加者の多くがホロライブなど他社のVTuberでした。面白いコラボ企画をするために事務所内に閉じずにメンバーを募る動きは興味深いところです。

また剣盾にじさんじ杯のような大規模なゲーム大会も,現在90名以上が所属するにじさんじなのもあり,最近は常に何かしら動いている印象です。今回は12月1日までのためランキング対象外ですが,直近では「第2回マリオカートにじさんじ杯」が大きな話題になりました。

動画 【いつもありがとう】わらわの動く姿、初お披露目じゃ。【 #竜胆尊3D 】

https://www.youtube.com/watch?v=wSAKzhgfEc8

3位にはバーチャルライバー竜胆尊の3Dお披露目がランクイン。
クオリティの高い3Dモデルで歌って踊る尊様が高く評価されています。歌あり,ASMRあり,ほかのライバーが参加してのポーズリクエストの企画ありとたっぷりで満足感の高い3Dお披露目となっているのも高評価のポイントでしょうか。

上半期も本間ひまわり・笹木咲などの3Dお披露目がランクインしていましたが,動画ランキングで紹介したとおり2019年下半期はにじさんじの大型音楽イベントが複数あり,これに関連してかバーチャルライバーの3Dお披露目が多数開催されました。8位のシスター・クレア,11位の椎名唯華,15位の勇気ちひろ,16位の宇志海いちご,27位の緑仙などこうした3Dお披露目が複数ランクインしています。

このほか,(上記のように他社VTuberとのコラボも含みますが)今回もトップ30本中実に26本がにじさんじライバー主催の配信となっています。
下半期のにじさんじ関係で注目すべき動きとしては,7位の「えま★おうがすと」のように初配信のランクインが非常に多いことです。

動画 【初配信】はじめまして、えま★おうがすとです。【にじさんじ】

https://www.youtube.com/watch?v=-15r5pJVXqw

このほか,9位の健屋花那,13位のシェリン・バーガンディ,17位の星川サラ,18位の加賀美ハヤトなどの初配信がランクインしていました。上半期もにじさんじの新人デビューは注目されていましたが,下半期は特にそれが強くなっています。

背景としては,新人の初配信時に先輩ライバーたちが配信を避ける習慣(以前から。普段なら数本から十本以上もの配信があるのがその時間だけすっといなくなります),コンスタントに新人デビューを続けてきたことによる視聴者の定着,にじさんじのファン層自体が拡大していることなどが挙げられます。最近では初配信時のリレー企画も定番化しており,初配信自体にエンタメ性をつける仕掛けも増えてきました。
このようににじさんじ新人の初配信は非常に注目される場となっています。

ほかではリゼ・ヘルエスタの10万人記念凸待ちやこうした記念凸待ちをパロディした黛灰の「仕込み無しでライバー凸待ちをやると良くないという実例の予定が日付変更が相次いだせいでもはや言葉にしていないだけで事実上事前連絡をしてしまっている疑い」がランクイン。
また夢月ロア・久遠千歳の「ちとせとろあ」は動画ランキングで触れた久遠千歳が引退前日に夢月ロアとした最後の配信です。久遠千歳自身の配信アーカイブは引退ですべて削除されましたが,最後の配信はもし残っていたら今回のランキングで5位に入ります。

にじさんじ以外の人気配信

このように下半期もにじさんじ人気が大変高いですが,にじさんじ以外のVTuberの配信でも人気の高いものがあります。

動画 【#白銀ノエル3D】白銀ノエル3Dお披露目会はじまりまっするうう!!!【みなさま感謝!!】

https://www.youtube.com/watch?v=Pt4GlDfYwa0

10位にはホロライブ3期生・白銀ノエルの3Dお披露目が入りました。

白銀ノエルはホロライブ3期生として2019年8月にデビュー。3期生の中でもデビュー以来急速に人気を増し,早くも11月に3D化してお披露目しました。人気の高さと3期生の3Dお披露目第一号であることもあり,大変注目されました。

ホロライブ3期生は続いて3Dお披露目が続いており,年明けには「hololive 1st Fes.『ノンストップ・ストーリー』」の出演も決まっています。

動画 夏だ!祭りだ!24時間だ! #ぽんぽこ24 vol.3 第1部

https://www.youtube.com/watch?v=HRO5Ntjf8RQ

12位はぽんぽこ24 vol.3の第1部。個人VTuberの甲賀流忍者ぽんぽことピーナッツくんがさまざまなゲストを呼びながら24時間配信を続ける企画で,2018年5月の初開催から3度目となる息の長い人気企画です。

ぽんぽこ・ピーナッツくんはぽんぽこ24の実績もふまえて各所の企業イベントにも出演しており,企業VTuberとのコラボも多数経験しています。こうした交友関係をふまえて,vol.3は各所から非常に豪華なゲストが多数出演していますが,そうした企業や個人,知名度なども関係なく,さまざまなVTuberがフラットに会話している空気がぽんぽこ24らしさと言えるでしょう。
VTuberを盛り上げるための初期からの活動が信頼されている結果であると思います。

動画 今日はシロのお誕生日♪すごいサプライズを用意したんだよ!【#シロ生放送】

https://www.youtube.com/watch?v=igAl9EGyQ5Q

23位には人気VTuber・電脳少女シロの誕生日配信がランクイン。
同月開催の「電脳少女シロ生誕祭」に先立つ配信で,水着や新衣装のお披露目なども行われました。

電脳少女シロは動画中心のためライブ配信は月1~2回程度であまり多くないですが,やはり人気が高く,またこの回は誕生日かつ新衣装お披露目ということもあってよく評価されました。電脳少女シロは衣装は多いものの,以前はあまり生配信でのお披露目はしていなかったと思いますが,つい先日も魔法少女風デザインの新衣装のお披露目生放送があり,今後は定番化していくのかもしれません。

動画 【第4回学力テスト】#VakaTuberは誰だ -ダイナマイトvs発展途上の乱-【因幡はねる / あにまーれ】

https://www.youtube.com/watch?v=0xnFgbdDRDw

最後に29位に紹介は第4回VTuber学力テスト。前回も紹介した有閑喫茶あにまーれ・因幡はねるの看板企画です。

VTuber学力テスト、通称「#VakaTuberは誰だ」は参加するVTuberに彼女が作った学力テストを解いてもらい、その回答を見ながらトークしていく人気企画。第4回では「ダイナマイトvs発展途上の乱」と題して10名の人気女性VTuberが参加しました。上述の企画配信でも見かけるようなにじさんじやホロライブのライバーだけでなく,かしこまりや銀河アリスなど歌の活動が活発なVTuber,動画中心で生配信をほぼしないピンキーポップヘップバーンも参加している貴重な企画です。

第4回では安心のトーク回しに加えて配信スライドのクオリティも上がっており,長時間ながらより気持ちよく見られる工夫がされています。毎回成長するVTuber学力テスト,次回第5回は年明け1月4日にあにまーれ・ハニーストラップ・ブイアパの全メンバー参加で行われることが決定し,定番となった告知PVも公開されています。

2019年下半期の傾向

2019年下半期のVTuberの配信は大きくは上半期と変わらず,にじさんじが目立ち,また企画系のコラボ配信に人気があります。
しいていえば前回指摘したような傾向がさらに進んでいる,実践されている印象があります。

ド葛本社やSMC組的な擬似家族的グループは依然人気があり,最近のにじさんじ新人は初配信前から自分たちでグループ名をつけることが増えてきました。SMC組以降は3名ずつのデビューが定番化したのもそうした意図を感じます。ホロライブも3期生は積極的にコラボを行っており,特につながりが強い印象があります。

ホロライブやその他のVTuberが目立ってきているのもそうで,上述のとおりホロライブが参加するにじさんじの企画配信なども評価が高いです。前回書いたように,VTuber学力テストの因幡はねるのような存在は大きくなっていると感じます。最近では所属を越えた数名のVTuberがトークする「Vのから騒ぎ」という彼女の企画シリーズがコンスタントにヒットしています。あるいは今回剣盾にじさんじ杯を成功させた天開司(過去に男性VTuberの学力テストを主催しています)も近い動きと言えるでしょう。

今回ご紹介したライブ配信は人気のあった配信というだけでなく、2019年下半期の動きをそれぞれ反映した配信であるといえるかもしれません。長時間の配信が多いためすべてを見るのは難しいですが、興味のわいたものをご覧いただくのがよいと思います。


キズナアイ VRライブシステム「Spectacle(仮称)」を使用したMV公開

2020/01/01 12:30 VTuber 最新ニュース一覧

【ドラゴンクエストウォーク】「2020年福来る迎春キャンペーン」開催

2020/01/01 12:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集