ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.07.31

無料の3Dキャラ作成ツール「VRoid Studio」β版提供開始 一般公開は8月3日から

7月31日、ピクシブ株式会社は、3Dキャラクターモデルを作成できる無料ツール「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」のβ版を、先行利用の応募者約45,000人に提供開始しました。先行応募者以外に向けた一般公開は、8月3日を予定しているとのことです。

昨今「VR上で他者とコミュニケーションしたい」「バーチャルYouTuberとして活動したい」など、3Dモデル需要は増加しています。一方で、3D制作には特定の知識・制作ソフトへの習熟が必要です。VRoid Studioはこうした課題を解決するため、簡単な操作で3Dキャラクターをモデリングできるソフトになっているとのことです。

VRoid Studioとは

VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるアプリケー ションです。Windows・Macで利用でき、無償で利用可能です。作成した3Dモデルは商用利用も可能です。

VRoid Studioで作成した3Dモデルは、各種3Dアプリケーションで利用可能なファイルにエクスポートが可能。β版では3DデータフォーマットであるVRM形式(※)でのエクスポートに対応しており、今後、他のファイル形式でのエクスポートもサポート予定となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=aHQ6KAJ8Kc8

(VRoid Studioのデモ動画。動画内ではタブレットとペンタブでの制作となっているが、パソコン+マウス等のポインティングデバイスといった標準的な機器構成でももちろん制作は可能。ただし筆圧検知機能は、ワコム社製のペンタブレットのみの対応となるとのこと)

VRoid Studioでキャラクターを1人作成すれば、VRMに対応したプラットフォーム上でアバターとして利用することができます。そのキャラクターをバーチャルYouTuber(VTuber)用のアバターとして利用したり、3Dゲーム内のキャラクターとして登場させることもできます。

https://www.youtube.com/watch?v=OCvBOs5_BSk

(バーチャルアーティストである「鴨見カモミ氏」による制作実演動画も公開されている)

pixivの3Dキャラ作成ツールをバーチャルアーティストが試す、動画が公開 | Mogura VR

pixivの3Dキャラ作成ツールをバーチャルアーティストが試す、動画が公開 | Mogura VR

MoguraVR

※VRM形式…プラットフォーム非依存の3Dデータフォーマット。詳細については下記記事をご参照ください。

ドワンゴ、VR向けの3Dアバターファイル形式「VRM」提供開始 | Mogura VR

ドワンゴ、VR向けの3Dアバターファイル形式「VRM」提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

VRoid Studioの特徴

絵を描くように髪型をモデリングできるヘアデザイン機能

VRoid Studioのヘアデザイン機能では、キャラクターの髪型をペンツールとパラメーターの調節だけでモデリングすることができます。

ペンツールを動かすと、ペンのストロークに追従して毛束の3Dオブジェクトが生成されます。描いた毛束には、太さや向き、毛先のカールといった特徴をパラメーターで指定する ことができ、パラメーターの値はスライダーを左右に動かして簡単に調整可能です。3Dモデリングの知識がなくても、直感的な操作で髪型を表現できます。

髪型の編集は、​ガイド表示に沿って行うこともできます。ガイドは自由に変形可能です。
 
ストロークで毛束を追加し、各毛束をパラメータで調整できる  
 
髪型編集用のガイドを表示した状態
 
 
髪型は全身とのバランスを見ながら調整可能
 

筆圧感知・レイヤーに対応したペンツールを備えたテクスチャ編集機能

VRoid Studioでは、髪・顔・身体・服の各3Dモデルのテクスチャを、ペイントソフトでのお絵かきと同じような感覚で作成することができます。

テクスチャは3Dオブジェクト上で直接絵を描くように編集でき、展開されたUVにもリアルタイムに反映されます。展開された状態のテクスチャを編集することもできるので、テクスチャが適用された3Dオブジェクトの見た目を確認しながら、細部まで描き込むことができます。またVRoid Studioのペンツールは筆圧に対応しており、濃淡の描き分けなど表現が可能です。また、レイヤーも利用することができます。
 
 
3DオブジェクトとUV展開両方を確認しながら、どちらにもテクスチャを描き込める
 
 
濃淡や光を表現可能

 
まつげやアイラインのテクスチャも編集可能。レイヤーも利用できる
 

キャラの顔や目をベースモデルを元にカスタマイズ可能。VRMで定義されたボーンも 自動生成

キャラクターの顔は、予め用意された各パーツの3Dモデルを変形して作成することがで きます。ベースとなる3Dモデルを元に、目や口の位置といった各パーツをスライダーで調節して、好みの見た目になるようカスタマイズすることが可能です。

 
目の大きさや鼻の位置を変えることで、顔立ちを調整
 
 作成した3DモデルをVRM形式でエクスポートすれば、VRMで定義されている各パーツのボーンが自動で設定されます。Version 0.1では、ベースとなる3Dモデルは女性キャラクターのみですが、今後、男性キャラクターのモデルの提供も予定しています。
 

今後の機能追加予定

今回公開された「VRoid Studio Version 0.1」は、基本的な機能のみを備えたβ版です。今後、ユーザーからのフィードバックを元に機能強化が行われるとのこと。 以下のような機能提供が今後予定されています。

モデリング機能の強化

・体型のカスタマイズ
・​ヘアデザイン機能にポニーテールやツインテールの作成ツールを追加  
・表情デザイン機能
・顔編集機能に八重歯や牙などの設定を追加
・ケモノ耳やツノなど、付加パーツのデザイン機能
・髪の毛など、揺れもの設定機能
・顔や体型の形状編集機能の強化
・男性ベースモデルの提供
・ベースモデルの衣装の拡充
・衣装デザイン機能
・アクセサリーなど、他ソフトで作成された3Dモデルのインポート
 

テクスチャ編集機能の強化

・ペンツール(ブラシ)のカスタマイズ
 

ユーザビリティの向上

・VRMで定義された表情セットの自動追加
・作成したモデルに表情やポーズをつけて撮影が出来る機能
・UIの改善 ・ショートカットキーへの対応
・多言語対応(英語から開始)
・​ FBX形式・OBJ形式へのエクスポート
 
各機能の提供時期や最新情報は、随時公式サイト・公式Twitterアカウントにて公開予定です。
 

機能概要

 

【対応OS】  

Windows 10 / 8 / 7
macOS 10.13 High Sierra / 10.12 Sierra

【VRoid Studio ベータ版(Version 0.1)の主な機能】

・髪型のモデリング
・目・顔のカスタマイズ
・髪・顔・服・身体のテクスチャペイント
・VRM形式に対応したボーンの生成
・VRM形式でのエクスポート

この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集