デイリーランキング

ポーランドの女性歌手が自分の身体を3Dスキャンし、分割したボディを販売

話題

2021/09/26 19:00

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月18日~9月24日)

VTuber

2021/09/26 19:30

【ポケモンGO】10月大発見は「デスマス」 伝説レイドには「ゲノセクト」が登場!

ポケモンGO

2021/09/26 11:45

【ポケモンGO】「ニャース(アローラのすがた)」がスポットライトアワーに大量発生

ポケモンGO

2021/09/27 13:23

【ドラクエウォーク】「ドラクエⅤ」のビアンカやフローラなどの新イベントが登場予定

ドラクエウォーク

2021/09/27 13:08

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

元おもちゃデザイナーのエンジニアが作った「VRでも現実でも殴ってくるボクシングロボ」

元おもちゃデザイナーでエンジニアのJames Bruton氏は、VRゲーム内の敵キャラクターと連動して動くボクシングロボットを自身のYouTubeチャンネルで公開しました。ロボットは無骨なつくりながら、VRゲームに格別な臨場感を与えているようです。


(Bruton氏はこのプロジェクトに、ポーツマス大学のコンピューターゲーム技術を学ぶ学生と一緒に取り組んだ)

インタラクティブ性を追求、“ボクシングロボット”開発へ

インタラクティブなエンターテインメントにおいて、ユーザーの行動に対してフィードバックアクションを返すことは、より良い体験を提供するためにとても重要です。例として、ゲーム内の銃を発射した後のコントローラーの振動や、複数の選択肢のうちのひとつを選んで分岐するストーリーなどが挙げられます。

VRの世界においても、ユーザーへのフィードバックが良い没入体験を与えるために大切であることは変わりません。James Bruton氏は、剣で戦うVRゲームと連動して動くボクシングロボットを作り上げています。このロボットはBruton氏のYouTubeチャンネルにて、「Robot vs Human Combat」という動画に出演し、Bruton氏と戦いを繰り広げています。

https://www.youtube.com/watch?v=OYfzaAWIBpc

HTC VIVEを使ったこのVR体験では、VIVEトラッカーを装着した棍棒と盾を使用し、機械の敵と戦います。ロボットの各アームにもVIVEトラッカーが装着されており、ゲーム内の敵がプレイヤーを攻撃するたびに、実際のロボットはその動作をミラーリング。ロボットはヘッドセットの前面に取り付けられたセンサーでプレイヤーの位置を追跡し、敵とまったく同じ位置から現実のプレイヤーを攻撃します。

Arduino Mega 2560マイクロコントローラボードを搭載したこのロボットは、2つの巨大なアームを使って、さまざまな角度からプレイヤーを攻撃できるようになっています。またどちらの拳も標準のボクシンググローブで覆われており、安全性も考慮されているようです。

ほとんど腕と胴体だけのロボットと人間が殴り合う——VRの“外”から見るとやや奇抜な光景に見えるかもしれませんが、このようなロボットを使用したVRプロジェクトの可能性は広大です。没入型のVRゲームのみならず、戦闘員向けの実践的な訓練シミュレーションなど、さまざまな分野に応用できるでしょう。このようなロボットや機械を使用した新しい試みは、今後も増えていくことが予想されます。

(参考)VRScout


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!

「YouTube VR」Oculus Questローンチアプリとして登場

2019/05/18 19:00 ゲーム・アプリ

アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響をスタンフォード大が実験

2019/05/18 19:00 テック
VR/AR/MR 用語集