デイリーランキング

Crazy Raccoon×まふまふ×そらる×渋谷ハルがプロデュースのVTuber事務所「merise」始動!

VTuber

2021/10/23 22:45

狩野英孝がOculus Quest 2版「バイオハザード4」に大興奮!「これ本当に自分が操ってるの!?」

ゲーム・アプリ

2021/10/23 12:00

あれ? スライム……? 新宿駅前のビジョンで「星のドラゴンクエスト」の立体映像が登場

話題

2021/10/18 18:51

【Oculus Quest 2】高評価&人気の無料VRゲーム・VRアプリ20選(2021年10月版)

ゲーム・アプリ

2021/10/24 12:00

【Oculus Quest 2】高評価の有料VRゲーム・アプリ20選(2021年10月版)

ゲーム・アプリ

2021/10/24 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

タトゥー七変化 とあるMVに使われた次世代の撮影技術

ロンドンを拠点に活動するラッパーTino Kamal氏は、自身の新シングル「V.I.P.」のミュージックビデオ(MV)に、次世代の撮影方式を活用した演出を取り入れました。

公開された「V.I.P.」のMVからは、Kamal氏の上半身に描かれたタトゥーがMRによって金属風に変化したり蛍光カラーに発光したりする様子が確認できます。MVに登場するKamal氏は、3D複製されたデジタル“レプリカ”モデルです。

ロンドンに拠点を置くDimension Studiosがこの3Dモデルを制作しました。3Dモデル制作のために、同社の最先端の立体キャプチャー(Volumetric Capture)技術を使用したとのこと。それがマイクロソフトの撮影技術「Mixed Reality Capture Studios」です。

この技術では100以上のカメラを使い、人や物の3次元情報を取得します。同スタジオは2019年8月現在、「Mixed Reality Capture Studios」が導入されている、数少ないスタジオ(※)の1つです。

(※:同スタジオ以外には、ロサンゼルスのMetastageとサンフランシスコのMixed Reality Acadamiesに導入済)

「V.I.P.」のMVは、VRコンテンツ「Spatium」などを手掛けたことで知られるRoland Lane氏がディレクターを担当。エフェクトスタジオProdigiousが、撮影と映像加工を担当しました。今回のMV制作についてLane氏は「私は創造の可能性は常に無限だと思っています。そして我々は、その(創造性の)表面に触れただけに過ぎないのです」とコメントしています。

増える音楽界隈でのVR/AR/MR活用

Volumetric Captureを使った音楽業界の取組は徐々に増えつつあります。

歌手のマドンナは、2019年5月に行われたビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)で、最新曲「Medellín」のARパフォーマンスで自身の分身を登場させました。

https://www.youtube.com/watch?v=svVMrAVIQtI

マドンナ、ARを使って自分の分身と共演 | Mogura VR

マドンナ、ARを使って自分の分身と共演 | Mogura VR

MoguraVR

SFさながら、マイクロソフトの「多言語を自由に操る自分のアバター」デモ | Mogura VR

SFさながら、マイクロソフトの「多言語を自由に操る自分のアバター」デモ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality


VR剣戟アクション「ソード・オブ・ガルガンチュア」がアプデ 協力イベントが開催

2019/08/25 18:00 ゲーム・アプリ

ARグラスのAIアシスタントに恋してしまった男を描く 新作映画「AUGGIE」

2019/08/25 18:00 話題
VR/AR/MR 用語集