デイリーランキング

FF7リメイクには“VRモード”が搭載されるかもしれない

ゲーム・アプリ

2020/01/18 11:45

Oculus Go、今後はずっと149ドルに

Oculus Go

2020/01/18 13:00

密室でクロちゃんが迫ってくる恐怖イベントをVR体験してきた

イベント情報

2020/01/18 12:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

世界へ羽ばたく新たな一歩 バーチャルシンガー「YuNi」初のリアルライブレポ

2019年3月16日、バーチャルシンガーとして活動中のYuNiさんは、池袋HUMAXシネマズにて初のリアルライブ「UNiON WAVE – 花は幻 – Supported by SPWN」を開催しました。

本ライブは「リアルとバーチャルのクロスオーバー」を謳い、アニソンなどの楽曲制作に深く関わりのあるヒゲドライバーさんと、YuNiさんのオリジナル楽曲「透明声彩」「Winter Berry」の作詞・作曲を手がけたYUC’eさんも登場しました。‪またバルス社によるバーチャル空間上のエンターテイメントスペース「SPWN‬」を利用したイベントとしても、初のものとなります。

本稿では、その模様をお届けします。

DJパフォーマンスや「透明声彩」の裏話で盛り上がる!

イベントが開始すると、「本日は『UNiON WAVE – 花は幻 – Supported by SPWN』にご来場いただき、誠にありがとうございます。開演に先立ちましてご来場のお客様にお願い申し上げます」とYuNiさんがアナウンス。これには会場に訪れていた「ゆにチル」(※YuNiさんを応援するファンの総称)も「いよいよ始まるのか……」とざわめきだします。

その後、YuNiさんが「遠くから来たという自信のある人~!」と尋ねると、カルフォルニアから遠路はるばるやってきたファンがいたことも明らかに!世界に羽ばたいていきたいと願うYuNiさんの夢へ一歩近づいたようにも感じた瞬間でした

オープニングトークを終えると、YuNiさんはヒゲドライバーさんの名前をコール。登場するやいなや、得意とするチップチューンで序盤から盛り上げていきます。それから「あんきら!?狂騒曲」(スマホゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」収録曲)や、「スパッと!スパイ&スパイス」(TVアニメ「RELEASE THE SPYCE」OPテーマ)「うまるん体操」(TVアニメ『干物妹!うまるちゃんR』EDテーマ)、「回レ!雪月花」(TVアニメ「機巧少女は傷つかない」EDテーマ)と、自身が手がけたアニソン、ゲーソンを中心としたメドレーを披露。これにはファンのボルテージも爆上がり!ライブ序盤から凄まじいほどの熱量となっていました。

ヒゲドライバーさんが最高のパフォーマンスで盛り上げてくれた流れを、そのままYuNiさんが引き継ぎます。ここからはYUC’eさんを招いて「透明声彩」などの裏話をトークしてくれるとのこと。さっそくYuNiさんの呼び込みでYUC’eさんが登壇。二人にはいくつか質問が投げかけられました。どれも気になる内容ばかりで、ファンも興味津々で聞いていた様子がうかがえます。そこでその内容を一部始終お届けします。

――お互いを知ったときにどんな魅力を感じましたか?

YuNi:オリジナルソングを作ることが決まって、YUC’eさんという新進気鋭のクリエイターさんが担当してくださることを聞きました。それでどんな曲を作る方なのか気になったので、聴いてみたんですよ。そしたら、もの~すごくオシャレで繊細な印象をYuNiは受けました!

YUC’e:私は、YuNiちゃんの曲を作ることが決まったときは、YuNiちゃんの動画を見たことがなかったんですよ。「曲を作るからには全部追わなくては!」と思って一から動画を拝見させていただきました。そこでYuNiちゃんを大好きになって、いまこのようにお話しできているのが嬉しいです!

――YUC’eさんはこれまでは楽曲提供したことがなかったんですよね?

YUC’e:そうなんです。これまでは楽曲提供をあまりしたことがなかったですね。でも、初めてYuNiちゃんの曲を作る依頼を受けて、「絶対に楽曲制作したい!」となりました。だってYuNiちゃんはステキだから!

YuNi:あ~! 恥ずかしい~!

――「透明声彩」のタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか?

YUC’e:声は透明で見えないものですけど、力があると思っています。それでYuNiちゃんの歌声を聴いたとき、世界を変えていくような力がそこにはあると感じまして、「透明声彩」というタイトルを付けました。

YuNi:曲をいただいたときに「YuNiのために作ってくれた曲なんだ!」とすぐ伝わってきたんですよ。YuNiは本当に嬉しかったです!

――気に入っているフレーズなどはありますか?

YuNi:「透明声彩」という曲は聴けば聴くほど、どんどん惹きつけられる不思議な力を持った曲だと思っています!

――レコーディングはどうでしたか?

YuNi:レコーディングを「透明声彩」で初めて経験したんですよ。それまではおうちで一人で録音して作っていたので、始めは慣れなきゃと思いながら歌っていました。そのレコーディングのディレクションをYUC’eさんとkzさんにやってもらったんですよ。そこで表現の仕方や歌い方を教えていただきました。その頃はYuNiらしさについても悩んでいたんですけど、「透明声彩」を通じてその悩みをお二人が解決してくれました!

YUC’e:YuNiちゃんは初めてとは思えないぐらい器用に歌っていたので、とても驚きました! 一発でオッケーを出していたので、さすがバーチャルシンガーだなと思いました。

トークセッションでは、ファンなら誰しもが気になっている内容が聞けたのはもちろんのこと、褒められすぎて「そんなことないよ!」と互いが照れる一幕も。その様子は見ていて微笑ましいものがありました。

続くYUC’eさんのライブは、「macaron moon」など自身が手がけた楽曲をメインに場を盛り上げます。もちろん、おめがシスターズが好きすぎたあまりコラボが実現したというアレンジ楽曲「Don’t say “lazy”」(VTuberコンピレーションアルバム「IMAGINATION Vol.1」収録曲)も披露された。日本の音楽シーンで急成長を見せている“kawaii music”。その筆頭に挙げられるYUC’eさんが奏でるキュートな音楽は、会場にも独特な雰囲気を漂わせていました。

生歌だからこそ伝わるYuNiさんの表現力の高さ

そして、ヒゲドライバーさんとYUC’eさんのバトンを引き継ぎ、いよいよYuNiさんのライブがスタート。まずは「Winter Berry」で会場を湧かす。サビになると別衣装を着た2人のYuNiさんがバックダンサーとして現れ、目の前に迫力ある演出で色鮮やかな光景が広がります。これには「Winter Berry」のMVが鮮明に脳裏に蘇ります。

次に披露したのは、歌ってみたでも投稿していた「太陽曰く燃えよカオス」。みんなに盛り上がって欲しいと思い立ったYuNiさんは、ここで観客に立つように促し始めます。それに応えるようにゆにチルも起立。そして、「うー!」「にゃー!」とコールで一体感を生み出していました。

YuNiさんの歌声を業界に知らしめた「シャルル」ももちろん披露。いつもは画面越しで彼女の音楽を聴いていたが、生歌は一味違いました。繊細でこちらの感情を揺さぶる歌声が直に伝わり、音楽に対する想いが流れ込んでくるほど。もしかしたら訪れたファンの中には涙を流した人もいたかもしれません。ちなみに筆者も泣くのを我慢していたのを覚えています。それぐらいに彼女の表現力は改めて“凄い”と感じ取れた。

続いて、配信開始して間もないオリジナル曲「花は幻」。スクリーンでは雨の日の寂しさを演出し、YuNiさんもキレのあるダンスで世界観に引き込んできます。これまでにないほどの切なく訴えかける姿に、会場はしんみりとした雰囲気に。かわいらしさ満点で盛り上げたかと思いきや、その流れを断ち切ってしっとり歌い上げます。そのギャップを生み出せることこそ、YuNiさんの音楽に惹きつけられる大きなポイントなのでしょう。

ラストの「透明声彩」では、衣装もチェンジ。YuNiさんの「変身!」の合図で純白なベールに包まれました。これまでは黒を基調とした衣装がほとんどでしたが、それに相対する“白YuNi”も魅力的。衣装が変わった瞬間には、天使が池袋HUMAXシネマズに舞い降りたのかとも錯覚しました。正直、突然のサプライズに“最高”の二文字しか表現したい言葉が出てこなかったです。

YuNiさんが初めて自分の楽曲として「透明声彩」を発表するまでは本当にいろいろな出来事があったと思います。突然の活動停止から2週間後、新曲を引き下げて再始動。音楽だけを武器に多くの苦労を積み重ねてきたことでしょう。そんな彼女がこのライブで見せてくれた景色は、なかなかに感慨深い。「透明声彩」を歌い始めると、スクリーンにはこれまでの動画が走馬灯のように映し出される。その演出にはちょっぴり懐かさを感じてほろりと泣けてきます。

全工程を終え、最後は重大発表を2つYuNiさんから告知。1つはVRアプリ「cluster」上にて単独VRライブ「さよなら平成カウントダウンライブ UNiON WAVE – clear -」の開催が決定。もう1つがYUC’eさん、la la larksさん、ヒゲドライバーさん、kzさんという豪華なクリエイター陣で贈るオリジナル曲(6曲)と、カバー曲(6曲)を収録した1stアルバム「clear / CoLoR」のリリースを発表。

これには嬉しさのあまり、ファンも拍手や歓声で喜びを分かち合います。一息つくと、ヒゲドライバーさんとYUC’eさんを再びステージに招き、登壇者全員が感謝を伝えてイベントが終了しました。

リアルライブの締めでYuNiさんは、「『YuNiちゃんがどんどん遠くなっていく』とも言われてたりはするんだけど、それは全然違うんですよ!むしろみんなに近づいているので、もっとみんなに会える機会をいっぱい作れるように頑張ります!」と語っていましたが、さらにファンを楽しませてくれるような出来事を起こしてくれるでしょう。これから開催されるVRライブを皮切りに、どんなイベントが待っているのか楽しみです。

一つの大きな目標としている“みんなを世界に連れていくこと”へ向かって一歩一歩前に進んでいくYuNiさんの姿を今後とも応援していただきたいです。


本格的なワークアウトとVRを融合 “VRジム”が稼働へ

2019/03/31 12:30 VR体験施設

ARで自分の3Dモデルが試着 Adobeが技術開発中

2019/03/31 12:30 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集