デイリーランキング

描いた絵が動き出すアプリ「らくがきAR」SNSで話題に

ゲーム・アプリ

2020/08/04 15:11

【ポケモンGO】ポケコインの入手テスト オーストラリア以外でもスタート

ポケモンGO

2020/08/06 11:00

【ドラクエウォーク】スマートウォーク第7回公開 新イベント情報発表

ドラクエウォーク

2020/08/05 16:32

ファンは絶対行くべき!「ポケモンバーチャルフェスト」をVRで先行体験

イベント情報

2020/08/05 13:03

米津玄師「フォートナイト」バーチャルライブを見るには? 参加方法紹介

ゲーム・アプリ

2020/08/05 20:38

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

確保、収容、保護。共同怪奇創作の「SCP」VTuberが登場

海外発の共同怪奇創作サイト「SCP財団(SCP Foundation)」。現実ではありえない異常な現象や生物などを収容する組織「SCP財団」による収容物を中心とした内容が日々投稿されており、一部で熱烈な人気を獲得しています。

この秘密組織「SCP財団」の人工知能と称して、SCP解説型VTuber「SCP-Eve(Eve)」が登場しました。Eveはツイッターで短い動画とともに、思わせぶりなツイートを投稿しています。

(「SCP-Eve」始動準備が行われている様子。番号やクラスがあてがわれていることから、彼女自身も異常存在であると思われる。クリアランスレベルは2)

「Eve」は2018年7月1日にツイッターでの活動を開始。本格的な活動は2018年晩夏を予定しており、現在はまだ「準備中」とのこと。ツイッターでの投稿開始からわずか二週間程度でフォロワー数は8,000を突破しており、その活動に期待が寄せられていることが分かります。

Webサイト「SCP財団」は、日本国内では2013年前後から有志による日本語訳を行うWikiが設置され、のちに「SCP財団日本支部」として活動を開始するなど、一定規模のコミュニティとして活動を続けています。2018年現在では英語版の「SCP財団」は約3,000以上、日本支部は約1,000以上のSCPオブジェクトが投稿されており、テーマを決めた創作コンテストが開催されるなど、賑わいを見せています。

SCPの中には難解なオブジェクトや、複数オブジェクトにまたがった物語・設定も複数あり、それらの解説・考察などを行う動画やブログ、スレッドなどが複数存在しています。こうした背景からも、SCPの世界とこちらの世界をつなぐEveは、注目のVTuberとなりそうです。

(参考)Twitter


夏休みはVRで「死者の国」へ、映画「リメンバー・ミー」の世界に行ける

2018/07/17 19:30 イベント情報

日本MS、MR認定パートナーへ新たに5社が参画 教育活用やMR向けフォントなど

2018/07/17 19:30 業界動向
VR/AR/MR 用語集