ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

【レビュー】『VRカノジョ』全年齢版 美少女と過ごすドキドキの時間!

2017年2月28日に発売されたアダルトVRゲーム『VRカノジョ』。本作の全年齢版となる作品がPC向けゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて発売されました。

『VRカノジョ』は、主人公の近所に住む女の子「夕陽さくら」とのひと時を体験し、さまざまな交流をすることができるPC向けのVRゲームです。

本記事では、アダルト版から一般向けへと変わることで、どのような表現が変更がされているか?、楽しめる点はどこか?など、気になる点に注目しつつ、さっそくプレイしてみました。VRデバイスはHTC Viveを使用します。

「アダルト」な要素以外は既成品通りに進行

Steam版の『VRカノジョ』は「R-18レベルのアダルト要素」以外は既存作と同じように進行していきます。「夕陽さくら」の身体を触ったりスカートをめくったりといった行為は全年齢版でも行えます。

ゲームを起動すると言語がデフォルトで英語になっているので、「Config」→「Language」→「日本語」を選択しましょう。


(ヒロイン「夕陽さくら」)

本作は、既存作品と同じく「夕陽さくら」に勉強で分からない所を教えてほしいという理由で部屋に招かれます。プレイヤーが彼女の問いに「YES」と答えると……

さくらは棚の上にある参考書を取りに行きます。プレイヤーは動き回ることができるので、大人しく椅子に座っていることも、好きな位置にスタンバイすることも可能です。彼女の周りに見える「青いアイコン」は、プレイヤーが起せるアクションです。上記のシーンでは、3つの選択肢の中から好きなものを選ぶことができます。


(背後に回って……)

ここでは、さくらの後ろに行って「くすぐり攻撃」をしかけてみました。そのほかにも、素直に棚の上の参考書を見つけてあげたり、足元にある扇風機のスイッチをONにしたりと、様々なリアクションを見ることができます。

なんとか参考書を手に取り、椅子に戻ると聞きたがってた問題を探し始めます。本棚には難しそうな本がたくさん並んでいるので、どんな問題が来るかと待っていると……「あっ!ここです!日本の首都って京都であってますか?」という質問。さくらの学力が心配になってしまいます。

ドキッとするシーンは健在

本作はアダルト要素はカットされていますが、ドキドキしてしまうシーンは健在です。例えば、さくらがお腹が空いたといってお菓子を食べるシーン。ここで、プレイヤーにもお菓子を食べさせてくれようとします。


(ち、近い…!)

しかし、手渡しではなく「ポッキーゲーム」のように口で渡してきます。さくらに顔を近づけてお菓子を食べていきます。顔の距離によってお菓子の長さが変わるなど細かい演出です。


(勉強に疲れて眠りだすさくらに…)


(飲み物を飲んでいる時に服にこぼしてしまうアクシデントも)

(キスを求められるシーン…!)

Steamの『VRカノジョ』は、キスをするシーンで終了となります。全編を通してさくらが服を脱いだり、えっちな行為するシーンはありません。

2週目は、タイトル画面の「シーンセレクト」から分岐する場面を選び、まだ見ていないシーンを見たり、スマホ(右手グリップボタンで出現)を使って写真を撮影したりして楽しめます。

また、さくらの服装を変えてみると同じシーンでも違った楽しみ方ができます。服装は「ヘッドアクセサリー」や「下着の色」、「ストッキング」「靴下」などから選択できます。


(ニット×メガネ姿)


(ジャージ姿)


(メイド×メガネ姿)

『VRカノジョ』といえば、VRで美少女とあんなことやこんなことをするゲームとして知られていますが、「アダルト」要素が無くても楽しむことができました。その理由としては、自由に動き回れる「広いプレイエリア」や、時間をたっぷり使える「1シーンの長さ」から、美少女と一緒にいられる感覚が強かったからだと思います。

本作を開発するイリュージョンは、全年齢向けの取り組みとして『VRカノジョ』の教育向けプログラムの開始や、全年齢向けのVR専用ソフト「SUMMER VACATION」の発表などを行っています。

なお、本作の公式サイトには「エクスタシー強化パッチ」というダウンロードコンテンツが存在。こちらをダウンロードすることで、様々な表現が追加されるとのこと。パッチの入れ方はこちらです。

ソフトの概要

タイトル

VRカノジョ

価格

4,980円

対応デバイス

HTC Vive、Oculus Rift、Windows MR

公式サイト

http://illusionvr.jp/index.php#conthome

Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集