デイリーランキング

ファンメイドの「VR版ポケモン」プロジェクトが海外で登場 注目を集める

話題

2020/02/16 11:45

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月8日~2月14日)

おすすめVTuber動画

2020/02/16 19:30

VTuber40名に直撃! “リアルイベント”の可能性を聞いてみた(前編)

VTuber

2020/02/15 12:15

亡き我が娘とVRで再会 韓国のテレビ番組の企画が話題に

話題

2020/02/11 12:51

【Oculus Quest】「脳カベ」インスパイアのVRフィットネスゲーム「OhShape」配信

ゲーム・アプリ

2020/02/15 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

網膜投影型ARグラス「RETISSA Display」全国30ヶ所で店頭販売が開始

半導体レーザーの開発・製造・販売を行う株式会社QDレーザは、網膜走査型レーザーアイウェア「RETISSA Display」の店舗及び代理店での一般向け受注を2018年10月25日より開始します。

RETISSA Displayは4月2日より法人向け受注を開始し、7月31日にはオンラインにて一般向けに販売を開始しており、今回店頭でも一般向け販売が開始される形となります。オンラインストアでの販売価格は645,840円(税込)です。

RETISSA Displayは、同社の技術「VISIRIUM(ヴィジリウム)」テクノロジーの実用化製品第一弾となるヘッドマウントディスプレイです。眼鏡型のフレームに内蔵された超小型プロジェクターから、光を直接網膜に届けることで映像を見るというシステムを搭載しています。角膜や水晶体を起因とする視覚障害のを改善する製品として期待されています。

また、目に映る風景の上にデジタル映像を直接上書きすることができるため、実風景と投影映像のピントずれが起こらないようになっており、ユーザーの「見る」行為を妨げることなく、視界にデジタル情報が融合するAR体験を実現しています。

RETISSA Displayの個人向けの店頭受注は全国30拠点にて10月25日より開始します(一部店舗は12月より)。各店舗にはデモ機が設置されており、購入前に体験をすることも可能です。製品の受け取りは12月以降となります。

(参考)株式会社QDレーザ プレスリリース


【スポンサードポスト】
・2020年、“XR”に携わる人が心がけるべきこと――対談:松山周平×久保田瞬
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

8KのVRヘッドセットPimax予約開始 HMD単体で10万円

2018/10/25 12:15 テック

投げて撮影・5.7K解像度が光る360度カメラ「Insta360 ONE X」レビュー

2018/10/25 12:15 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集