Home » VRプラットフォーム「Rec Room」で日本の音楽ユニットが生ライブを配信


VRSNS 2021.05.10

VRプラットフォーム「Rec Room」で日本の音楽ユニットが生ライブを配信

5月8日(土)音楽ユニット「蓮托」が、VRプラットフォーム「Rec Room」で音楽ライブを開催しました。今回の生ライブ「マネキネッコ!Vol.1」はYouTubeでも公開されています。

ライブを実施した音楽ユニット「蓮托」は、蓮さんと托さんによる社会人音楽ユニット。2020年7月にRec Roomを利用したMV「vrvr」を投稿したことで話題となりました。

今回の音楽ライブには、多くのRec Room日本人ユーザーが参加。生演奏を披露すると、「えっ!? 今、歌ってたの!?」と驚きの声が上がっていました。2人それぞれの自宅でマイクを繋ぎ、ヤマハのSYNC ROOMで遅延を解消したことで、リモートセッションを実現させたそうです。

今回、音楽ライブで利用されたRec Roomは、2016年にサービスが開始した、クロスプラットフォーム対応の無料ソーシャルVRです。2021年3月に1億ドルを調達したことで話題となっています。バーチャル空間内では、テニスなどのミニゲームがそろっていますが、音楽ライブの実施事例は珍しいと言えます。

(参考)Twitter


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード