デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

VTuberのスキなシーンを共有する「ココスキ」がサービス開始 おめがシスターズが考案

VTuber

2019/08/15 11:34

VTuberコンビ「ひま食堂」初のドラマCD発表!釘宮理恵、小林ゆう、杉田智和、茶風林ら出演

VTuber

2019/08/15 23:50

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

日産、AR活用の運転支援技術を発表 周囲の情報提供や3Dアバターで運転サポート

日産自動車株式会社は、AR(拡張現実)を用いてドライバーに見えないものを可視化させる技術、「Invisible-to-Visible(I2V)」を発表しました。本技術では車の周囲状況や前方予測情報をドライバーに提供するほか、ガイドを行うアバターを車内に出現させることが可能となります。

「I2V」では日産の自動運転技術「SAM(Seamless Autonomous Mobility)」と「プロパイロット」、車の室内センサーの情報を統合する「Omni-Sensing(オムニ・センシング)」技術が活用されています。車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合することで、周囲の状況や前方の予測、建物の裏側やカーブの先の状況をARで表示します。

また、「I2V」では運転の楽しさを向上させるため、3Dアバターが車内に現れるなどして、人間同士が双方向コミュニケーションしているかのように運転をサポートするとしています。

日産のリリースによれば、周囲の状況だけでなく、車室内の乗員の状況もリアルタイムに把握することを可能とのこと。「何かを探す、目を覚ますためにコーヒーブレイクをとる」など、乗員に必要なサポートを予測して提供するなど、用途は多岐にわたる模様です。

自動運転やマニュアル運転でドライブをサポート

「I2V」では自動運転やマニュアル運転でも車内を過ごす時間をより快適にサポートするよう考えられています。たとえば、自動運転時に雨天である場合、窓から見える雨模様の景色に快晴の景色を重ねて映し出すことで、快晴の中を走行しているかのような体験を提供します。

初めてドライブする場所では、現地に詳しいガイドアバターを車内に出現させ、乗員とコミュニケーションを図りながらリアルタイムに必要な情報を提供します。ガイドが提供した情報はクラウドに蓄積され、同じ場所に他の人が訪れた際に利用できるとしています。

マニュアル運転時には、車に搭載されたセンサーで収集した情報をドライバーの視野に重ねて投影することで、見通しの悪いコーナーや路面の状態や対向車の有無などを把握することを可能としています。また、プロドライバーにリアルタイムで個人レッスンを申し込み、最適な運転方法を学ぶこともできるとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=5ZPEOgmIm7Y

「I2V」は、1月8日よりラスベガスで開催される家電見本市「CES2019」の日産ブースにて、ARゴーグルや3Dのインターフェースなどを採用したデモ用コピットの展示が実施されます。

(参考)日産自動車株式会社 プレスリリース


VR/AR/MR業界キーパーソンやVTuberが振り返る2018年と今年の展望、ARで「モデルのいないファッションショー」 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/01/07 11:00 業界動向

精神病院で職員が入院患者の視点を体験 VRトレーニングがカナダで導入

2019/01/07 11:00 医療・福祉