デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

NASAが太陽系外惑星への旅行案内を開始——ただし、VRで

NASAはついに「太陽系外惑星への旅行案内」を開始しました――ですが、現実に太陽系から遠く離れた場所へ行くわけではありません。その代わりにVR技術を使い、さまざまな惑星を訪れる体験ができます。

360度画像で見る惑星

NASAのVRコンテンツでは実際の惑星の写真でなく、NASAのケプラー宇宙望遠鏡の観察を元に作成された画像を使用しています。ユーザーはPCやスマートフォンで360度画像を視聴したり、VRヘッドセットを使ってVRコンテンツを体験することができます。

NASAによれば、最も近い太陽系外惑星であっても、地球からは何光年も離れています。現実の宇宙船でそこへ行くことはずいぶん先の話になりそうですが、VRなら自宅から手軽に宇宙旅行が体験できます。

3つの惑星を探索可能

現在NASAのウェブサイトでは、「ケプラー186f」、「TRAPPIST-1e」といった6つのコンテンツを用意しています。6月現在、360度画像を体験できるのはそのうち3つのみ。NASAは今後、視聴できるコンテンツを追加していくとしています。

NASAのブログによれば、VR版の「ケプラー186f」では惑星から見た空が変化する様子も観察可能とのこと。コンテンツはNASAのウェブサイトから視聴できます。

VRで宇宙を楽しむコンテンツとしては、各種ヘッドセット向けプラネタリウムアプリ「ホームスターVR」、月面着陸を体験するPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)ソフト「アポロ11号」等も配信されています。

(参考)The Inquisitr

アドビ、AR事業を本格展開 クリエイターのARコンテンツ制作後押し

2018/06/06 12:00 テック

視野角を広げて没入感向上 VR/AR向け新ディスプレイ 2019年には提供

2018/06/06 12:00 開発