ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.12.06

MITの学生ら、ARとロボットアームを組み合わせた3Dプリンター発表

ニューヨーク州コーネル大学の学生たちと、マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生たちが軸となった合同研究チームが、ARを活用した3Dプリンター「RoMA: Interactive Fabrication with Augmented Reality and a Robotic Printer(RoMA)」を発表しました。

RoMAは“AR CADエディター”を使用し、前面にカメラをつけたVRヘッドセットとモーションコントローラーでデザインを行います。入力されたデータに基づき、ロボットアームがオブジェクトを造形します。

リアルタイムの造形が可能

RoMAは、オブジェクトの造形を直感的に行えるツールと謳われています。

ARとモーションコントローラーを使用した手動操作のほか、ロボットアームによる自動造形が可能です。手動造形では、ユーザーがAR CADエディターを使用し、希望するオブジェクトを造形します。

デザインの変更や調整はリアルタイムで可能です。台座の回転などを探知した場合は、ユーザーの安全のため、ロボットアームは自動的に待機ポジションへと移動します。

YouTubeでは、RoMAの開発者の1人である博士課程のHuaishu Peng氏が、実際にRoMAを使用する様子が公開されています。 Peng氏が制作しているのは、ティーポットや模型用の台座です。カメラを取り付けたOculus RiftとOculus Touchを使用したリアルタイムの造形が確認できます。

https://www.youtube.com/watch?v=K_wWuYD1Fkg

将来的には一般的な技術に?

2018年2月にPeng氏は、コーネル大学の学内誌Cornell Chronicleのインタビューに答えています。彼はシステムを「コンピューターの画面上で制作を行うのではなく、ロボットと共同作業できるシステムを目指して制作しました。私たちはこの取り組みを“in-situ fabrication”と呼んでいます」と説明しました。

Peng氏はまた、インタビューで将来的な展望についても語っています。「将来、私たちはロボットアームをデザインアシスタントとして使うようになるでしょう」「(MoBAのような)3DプリンターとARの組み合わせも一般化していくでしょう。例えば家具の製造などに使用されると思います」。

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集