デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(8月10日~8月16日)

おすすめVTuber動画

2019/08/18 19:30

【2019年8月版】VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」最新情報まとめ

Oculus Quest

2019/08/17 19:30

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

帰還兵の心はいかにして傷つけられたのか VRで描き体験するPTSD

ここ数年で、軍隊経験者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)については、人々の関心が高まってきています。従軍を終えても、戦いが終わったとは言えないのです。およそ12.5%の退役軍人がPTSDを発症しているとも言われ、看過できない問題となっています。

この問題について人々に関心を持ってもうために、VR映像スタジオRYOTはVRアーティストと協力し、兵士の視点から見たイラク戦争、そして帰還後の体験を、VRコンテンツとして制作しました。

Tilt Brushで描かれる戦地

イラク戦争に参加したScott England氏の経験に関する「Mind at War」。この動画は、彼がアフガニスタンとイラクでの体験からPTSDに至った経緯を、360度の映像で伝えています。

コンテンツは約20分間で、VRアプリの「Tilt Brush」で描かれたイラストを使っています。このコンテンツではEngland氏自身のナレーションで、彼の戦地でのトラウマ、精神不安定を引き起こした経緯が語られます。VRの没入感と相まって、感情移入させる内容となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=ht09ABVCKto

人々の気づきを促すためのVR

この作品は、国際的なドキュメンタリー作品の祭典、Sheffield International Documentary Festivalにて公開されました。RYOTのCEO、Bryn Moserは声明の中で「プロジェクトの目標は、現在世界が直面する問題への気づきを促すメディアを作ることです」と発表しています。そして、「『Mind of War』では、視聴者を惹きつけ、気づきを促すためにVR技術を使いました」と続けています。

異なる立場の視点に入り込めるVRだからこそ、感情移入を引き起こせると言えます。

https://www.youtube.com/watch?v=tJOEhSPDJUg

RYOTはこれまでにも、シリア難民の物語を描いた映画「Bashir’s Dream」など、VRのジャーナリズム作品を多数手掛けています。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


Oculus GoでYouTubeを見るには? 360度動画の見方も

2018/06/30 19:00 Oculus Go

「ポケモンGO」は“本当の”ARゲームになるかもしれない

2018/06/30 19:00 AR/MR