ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR体験施設の運営に関するセミナー、開催迫る 4月12日に東京で

施設でのVR体験の普及促進を図る業界団体、一般社団法人ロケーションベースVR協会主催による「施設型VRオペレーションセミナー」が、4月12日に東京で開催されます。本セミナーは既存の施設運営者やVR導入を検討している施設の方、イベント運営担当者、VRコンテンツ開発者など、幅広い範囲の施設型VR関係者を対象としています。申し込みはPeatixページにて受付中です。

本セミナーは施設型VRの導入促進、および業界の発展に寄与することを目的としており、ロケーションVR協会がまとめてきたオペレーションコストを軽減する提案やノウハウが解説されます。

ロケーションベースVR協会とは

ロケーションベースVR協会は、2017年7月に正式に発足。施設型のロケーションベースVRにおいて、実際の運営者の間で感じる共通した問題や課題を、団体や協会の力で課題を解決すべく設立されました。ロケーションVRにおいて特に挙げられる問題として「VR体験の年齢制限」などを取り上げ、2018年1月には「VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン」を発表しています。

この「VR体験の年齢制限」を含め、ロケーションベースVRについて協会がワーキンググループを立ち上げ、協議してきたのが下記4点です。

・13歳未満の子供のVRコンテンツの利用方法
・オペレーションの負担軽減
・安全性(リスク事例)の共有
・運営上の注意事項等、施設型VRに関連する各課題

その中でも、スタッフによるアテンドなどのオペレーション負担軽減について、実際にVRアトラクション施設を運営する各社を中心に協議・検討を行い、VRのオペレーションを軽減する提案やノウハウをまとめました。本セミナーでは、その成果が解説されます。

セミナーの構成

プログラム

・イントロ 19:00~19:10
   ロケーションベースVR協会の概要と同ワーキンググループの位置づけ
 三好  慶(ロケーションベースVR協会事務局長)

・第一部 19:10~20:10
 VRならではの施設運営課題(質疑応答あり)

・休憩 20:10~20:20

・第二部 20:20~21:10
 オペレーションの流れと設備(質疑応答あり)

登壇者(五十音順)

・足立光氏(株式会社電通ビジネス・デベロップメント&アクティベーション局新領域開発部局 新 領域開発部)

・安藤晃弘氏(ロケーションベースVR協会代表理事、株式会社ハシラス代表取締役)

・田宮幸春氏(ロケーションベースVR協会理事、株式会社バンダイナムコエンターテインメントAM事業部 AMプロデュース1部プロデュース4課)

・速水和彦氏(CAセガジョイポリス株式会社 施設事業推進部)

・モデレーター:松平恒幸氏(株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ マーケティング戦略オフィス)

開催概要

日時

2018年4月12日(木)18:30開場、19:00開始

場所

株式会社クリーク・アンド・リバー社 2Fホール
東京都千代田区麹町2-10-9 C&R;グループビル

参加費

3,000円

申し込み

Peatixページへ

(参考) 一般社団法人ロケーションベースVR協会

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース