ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2017.11.10

ARで現実とアニメが融合!? iPhone Xのカメラで

iPhoneの新モデル「iPhone X」。このスマートフォンのフロントカメラには3D顔認識センサーが搭載されており、自分の表情を2Dのキャラクター(アバター)に反映させる機能などがあります。

今回、そんなiPhone Xの機能を活用した動画が公開され、話題になっています。

動画を見てみると、人の動きに合わせてアニメキャラクターの顔も動き、目のまばたきや口の動きなども連動しているように見えます。これは一体……?

こちらのアプリを開発したのは、株式会社ViRDの「のしぷ(@noshipu)氏」。同氏によると、iPhone Xのカメラから取得した表情データを『Live2D Euclid』(※)のキャラクターに反映させて表現しているとのことです。

(※)『Live2D Euclid』:2Dで描かれたキャラクターイラストなどを組み合わせ、3D表現を可能にするソフト。VRコンテンツにも対応。


対象者の目と口の開閉に連動

ゲームエンジン「Unity」のAR向けプラグインとiPhoneのAR機能「ARKit」を利用することで、顔の表情のトラッキングが可能となりました。同氏はそこで、人間の表情を使ったコンテンツを作れないかと考え、普通の3Dモデルよりも表情豊かな表現ができる『Live2D Euclid』を使用したとのことです。

カメラから自分の顔をトラッキングして2Dキャラに反映させる技術は、これまでにも『FaceRig』などがありました。本アプリではFaceRigのような完全なバーチャルではなく、実際の顔の位置にアニメキャラクターを反映させています。そのため、顔から下は現実といった、バーチャルと現実が合わさったユニークなものとなっています。

のしぷ氏は「表情の反映が口の開閉と目の開閉の2つだけのプロトタイプの状態で、これだけ反響があって驚いています」とコメントし、また今後の展開について「顔はヴァーチャルなキャラクターで、それ以外はリアルという状態自体が面白いので、AR動画の配信に取り組んでいきたいです」と述べています。

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース