ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2017.02.12

最高時速1220キロを目指す次世代交通「ハイパーループ」の実験をVRで体感

旅客機よりも速い、最高時速1220キロを誇る次世代交通システム「ハイパーループ構想」。ロケット製造開発を行うスペースX社が開発実験を行なっています。専用のポッドと呼ばれる機体に乗って試験走行用のチューブ内を疾走する体験が可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=MYxgfpWW5Q8

この動画は360度動画になっています。スマートフォンで見るとスマホを傾けたり持って周ることで360度を見ることができます。VRゴーグルを持っている場合は装着して見ると没入感のある、本当にチューブノナカを走っているような感覚で見ることができます。

ハイパループ構想とは

ハイパーループ構想とは、スペースX社の設立者でアメリカの実業家のイーロン・マスク氏が2013年に考案した次世代交通システムです。100Pa程まで減圧されたチューブ内を空中浮遊して進みます。減圧されたチューブでは空気抵抗が少なくなるため、エネルギー効率が高い状態で推進力を維持できる、としています。

通常私たちが使っている新幹線が最高時速300キロ。旅客機の最高時速が約1000キロであることを考えると、非常に次世代的な技術です。この動画は、SpaceX社が行なったハイパーループ・ポッド・コンペティションの様子です。1マイル(約1.6km)のチューブ状の試験走行用トラックで、MITなどの大学生らが制作した様々なポッドが評価されました。

今後、実際に時速1,220キロで走行する様子も体験してみたいですね。

Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

サヤメタクミ

先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

Twitter:@sayamet

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集