デイリーランキング

まるでSF映画、自宅を“MR環境”に改造してしまった人物が現れる

話題

2020/01/21 18:30

Oculus QuestにIPD調整用ゲージが追加。細かな数値確認が可能に

Oculus Quest

2020/01/21 19:00

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(1月4日~1月18日)

おすすめVTuber動画

2020/01/19 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

人気VRゲーム『Raw Data』の開発スタジオ、次回作の「手を振って走るレースゲーム」にも注目

HTC Vive向けで注目を集めたVRゲームの1つが『Raw Data』です。『Raw Data』は、両手に銃や剣を持って敵を倒していくアクションゲームで、さらにオンラインで協力プレイもできるというもの。2016年7月に配信を開始し、同月に100万ドル(約1.1億円)の売上を達成しています。

開発を手がけたSurviousは、2作目となるHTC Vive向けのVRレースゲーム『Sprint Vector』のプロトタイプをサンフランシスコで開催されたGDC2017で展示していました。

ティザー映像

“手を振って走る”当たり前のような難しさ

このゲームはVRで3次元で構成されているコースを実際に手を振って走ったり飛んでタイムを競うレースゲームとなっています。いわゆる通常のレースゲームと異なるのは、車を運転するレースゲームではなく、自分が走るという点です。

操作は非常に直感的です。コントローラーのトリガーボタンを引きながら、手を交互に振る(走る動作と同様)ことで前に走ることができるほか、両手を同時に下方向に振り下ろすことでジャンプが、そしてジャンプ中に手をスーパーマンのように前に突き出すことで飛距離を伸ばすことができます。また、要所要所にあるボルダリングのような壁は登ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=2AIX-GfoXFs

筆者も体験しましたが、このゲームで速く走るためには、手を振る速度を速くする必要があり、その体験はもはやゲームというよりは運動でした。非常にスピード感のあるゲームのため、数分の体験が終わった直後には汗をかき、「走りきった感覚」が残ります。

このゲームで感心したのは、走った感覚があまりにも自然だったことです。これまでも、手を振ることでVRの中で移動するゲームはありましたが、どうしても手を振り下ろした感覚と、VRの中で移動する距離に違和感があり、場合によっては酔ってしまうなど、あまり快適な体験とは言えません。

『Sprint Vector』では、人間離れしたスピードでの移動ながら、酔やすさは比較的抑えられている印象でした。走っている際の流れるようなエフェクトや、移動距離の調整など、「走る」ことを実現するためにかなり配慮していることが伺えます。

Surviousによると、『Sprint Vector』の発売日は未定で、展示をしていたのはまだ非常に初期段階のプロトタイプとのこと。プロトタイプにしてはレベルが高く、製品化されたときのクオリティに期待したいところです。


ニューヨークでHoloLensを使ったMR(複合現実)の芸術アート作品が展示

2017/03/11 19:40 テック

【PSVRソフト紹介】幻想的な空間を炎と氷のブラスターで進む『DEXED』

2017/03/11 19:40 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集