デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

現実にブルーアイズを召喚 HoloLensで遊戯王をプレイ

カリフォルニア在住のAR開発者MicrowaveSamことHuy Le氏が、マイクロソフトのARデバイス『HoloLens』を用いて遊☆戯☆王(以下、遊戯王)のカードゲームをプレイするデモ動画を公開しました。同氏はこれまでにもアニメ『ソードアート・オンライン』のUIをHoloLens上で再現するなど、日本のアニメを取り入れたARコンテンツを開発しています。

HoloLensで遊戯王をプレイ

今回登場した『AR遊戯王』は非公式デモですが、ジェスチャー操作でドラゴンを召喚し、バトルする様子が確認できます。

https://www.youtube.com/watch?v=1Zvi2MyXIOk

カードや登場するモンスターはすべて3Dモデル化。ゲームの流れに沿ってアニメーションが動くので、まるで現実世界にモンスターが現れたかのような感覚でゲームが展開します。本デモの公開やリリース予定に関しては今のところ不明ですが、ARを用いたゲームの可能性を示しています。

HoloLensの視野角の課題もあり、原作と比べてモンスターのサイズが小さいのは少し残念なところ。スケール感も原作どおりになると、まさに遊戯王の世界が実現できそうです。

またLe氏以外にも、別の開発者によってHoloLensで遊戯王をプレイするデモが制作されており、こちらはすでに市販している遊戯王のカードを用いてモンスターを召喚します。

https://www.youtube.com/watch?v=wVkvPX-yY8g

HoloLensを装着したままカードに視線をやると、ドラゴンが表示される様子を確認することができます。特徴的なのはモンスターを表示する際に、カードにQRコードなどの識別子を必要とせず、HoloLensの画像認識技術によってカードの種類を認識、それに対応したモンスターを表示することが可能で、この動作には「Vuforia」というプラグインを使用しています。こちらのデモは今後も開発を続け、ベータ版として公開する予定とのことです。

(参考)
UploadVR / Hololens Brings Multiplayer Yu-Gi-Oh to Life with Fan-Made AR Demo(英語)
https://uploadvr.com/hololens-yugioh-ar-multiplayer/

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。

いくつ分かる?映画『レディ・プレイヤー・ワン』予告編に登場する懐かしの作品たち

2017/08/06 13:00 VR動画

工業デザインで使える3Dモデルを制作 VRツール『Gravity Sketch』

2017/08/06 13:00 ビジネス活用事例