デイリーランキング

ソード・アート オンラインに影響を受けたVRアクションRPG「剣の夢語」早期アクセス版発売

ゲーム・アプリ

2022/01/23 12:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(1月15日~1月21日)

VTuber

2022/01/23 19:30

【Oculus Quest 2】高評価の有料VRゲーム・アプリ20選(2022年1月版)

ゲーム・アプリ

2022/01/23 11:30

「Google Earth VR」のようなOculus Quest対応アプリ「Wooorld」近日リリース

Oculus Quest

2022/01/23 12:00

【Oculus Quest 2】1月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

ゲーム・アプリ

2022/01/22 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

未来の車窓はこんな感じ? AR技術を組み込んだEV自動車のコンセプトが発表

スイスのAR企業WayRayは、同乗者に次世代の“通勤体験”をもたらすAR技術を組み込んだEV自動車「Holograktor」を発表しました。同車両は現時点ではコンセプト段階。「ブレイクスルーしたホログラフィック技術の成熟をハイライトする」自動車とのことです。

「Holograktor」はカーシェアリングを前提にした車両です。3人乗りのデザインで、運転席と副運転席のあいだに乗客が着席する設計となっています。手動操縦のほか5Gを通じて“ARポッド”から遠隔運転できるそうです。遠隔モードでは、追加の乗員を乗せるため、ハンドルとコントロールが格納されます。

https://www.youtube.com/watch?v=qQMg-wBgQ1A

「Holograktor」のルーフ部分は“The Shrimp”と呼ばれており、フロントの風防に対して色付きの動くグラフィックを投影する、内製のホログラムシステムが実装されています。乗客は2本のジョイスティックで、ゲームやナビゲーションといったコンテンツをARで体験できます。

WayRayは、主に自動車でのAR利用に向けたヘッドアップディスプレイの開発を行う企業です。同社の主要な技術は、自動車へのAR技術の応用。2018年にはMIT Media Lab が主催するReality Virtually Hackathonのスポンサーに就任し注目を集めました。WayRayの創業者であるVitaly Ponomarev氏は、「Holograktor」について以下のようにコメントしています。

「私の野望は、今から4年後にこの車をリリースし、ホモロゲーションを取ることです。しかしそれは市場の見通しに大きく依存しています。なので、他のOEMメーカーが当社のAR技術を使ってこのような車を作るのを手助けするために、ホワイトラベル(企業が生産した製品を、他企業が自社のブランドで利用して販売すること)のコンセプトとして使用することも考えられます」

車のフロントガラスに道案内をAR表示 スイスのスタートアップが開発者増狙う | Mogura VR

車のフロントガラスに道案内をAR表示 スイスのスタートアップが開発者増狙う | Mogura VR

MoguraVR

自動車に乗って体験するVRゲームの開発が発表 車両の位置やナビデータをVR体験に反映 | Mogura VR

自動車に乗って体験するVRゲームの開発が発表 車両の位置やナビデータをVR体験に反映 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

2021/12/03 11:48 活用事例

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

2021/12/03 11:48 投資
VR/AR/MR 用語集