デイリーランキング

【Oculus Quest 2】都市建設シミュ「シティーズ:スカイライン」のVR向け完全新作が発表

ゲーム・アプリ

2021/12/03 14:15

米ウォルマート Oculus Quest2の整備品を約2万円で販売中

Oculus Quest

2021/12/02 16:45

佃煮のりおプロデュースのVTuberグループ「のりプロゲーマーズ」が発表!

VTuber

2021/12/01 19:56

【ポケモンGO】12月のイベントスケジュール発表 メガレイドには「メガハガネール」が初登場

ポケモンGO

2021/12/02 12:39

「少年ジャンプ+」の人気漫画「ダンダダン」作者がOculus Quest 2でVRイラストに挑戦 その使い心地は?

Oculus Quest

2021/12/02 18:01

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」、日本語版ポスターを公開

WB GamesとNianticは、2019年内に配信予定の最新AR位置情報ゲームアプリ「ハリー・ポッター:魔法同盟」の日本語版ポスターを公開しました。公開された複数のポスターからは、ゲームの世界観を伝える情報が確認できます。

今回公開されたポスターでは、魔法界が直面している現状を訴える「魔法界発覚の危機」や、マグル(非魔法族)の世界で魔法生物や魔法界のものなどの目撃情報が相次ぐ「魔法の痕跡」について警告を出し、回収を呼びかけるものとなっています。

ハリー・ポッターシリーズでは、マグルの世界から魔法界を隠すための法律「国際機密保持法」が存在していますが、ある出来事により、魔法界からマグルの世界に魔法道具や生物があふれてしまい、 この法律が破られてしまう事態となっています。プレイヤーは、それらのものや魔法界の人々をあるべき場所に戻し、未曽有の大災厄の謎を解き明かすため、現実世界での冒険に出かけることになります。

なお、ポスターが公開された6月5日は、ハリーのライバルキャラクターである「ドラコ・マルフォイ」の誕生日となっています。ハリー、 ロン、ハーマイオニーがゲーム内に登場することはすでに発表されており、「ドラコもゲームに登場するかどうかは、リリース後実際にプレイして確かめてみてください」とのことです。

(参考)ハリー・ポッター:魔法同盟 公式サイト


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

アップルのARデバイスは市場を制するか? 未発表だが高い注目を集めるその理由

2019/06/06 11:36 将来予測

VTuberのビジネス活用事例を紹介する「VTuber活用丸わかりセミナー」無料開催、東京・京都で

2019/06/06 11:36 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集