デイリーランキング

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

国内のARトレンド最前線 Docomo Open Houseが一大展示会となっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

AntiLatencyのトラッキングシステムがアップデート、Oculus Questへ対応

テック

2020/01/22 18:30

ドコモが6Gに関するホワイトペーパーを公開。2030年頃に提供開始目指す

業界動向

2020/01/22 15:49

2019年のVRヘッドセット出荷、約半数は一体型に。Oculus Questの影響大か

統計・データ

2020/01/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRに不可欠な“音” グーグル、立体音響ツールを公開

11月6日、グーグルは独自の立体音響ソフトウェア開発ツールである『Resonance Audio』をリリースしました。これは立体音響を用いたVR/ARコンテンツ開発を可能にするもので、モバイル、デスクトップ両方のアプリ制作に対応しています。現在ソフトウェア開発者キットが公開されており、同社の公式サイトからダウンロード可能です。

複数のプラットフォームに対応

『Resonance Audio』は複数のプラットフォームに対応しており、立体音響を用いたアプリ開発を従来よりも容易に行うことができます。Android、iOS、Windows、MacOS、Linuxをサポートしており、Unity、Unreal Engine、FMOD、WwiseやDAWに統合して使用できます。また、C/C++、Java、Objective-C、ウェブ用のネイティブAPIも提供しています。

モバイルアプリでも高音質な立体音響が使用可能に

『Resonance Audio』はデスクトップ/モバイルアプリ両方に対応していますが、デスクトップアプリに比べてCPU消費量が限られるモバイルアプリでも、『Resonace Audio』を用いて高品質な立体音響を実現できます。高音質のAmbisonicsを基にしたデジタル信号処理アルゴリズムによって、何百という3D音源を音質を損わずに立体化できます。また、環境から発せられる反響音を事前に計算することで、CPU消費を抑える新機能も、Unity対応で公開しています。

複雑なサウンド環境を構築可能

『Resonance Audio』では複雑なサウンド環境を構築することも可能で、それぞれの音源から発せられる音響の広がりをコントロールすることができます。また、音源の幅も調節可能で、一点の音源から音の壁まで、様々な種類のサウンド環境を制作できます。

現在、『Resonance Audio』を用いて制作したVRゲーム『Audio Factory』がグーグルから無料でリリースされています。HTC Vive、Oculus Riftに対応しており、Steamからダウンロード可能。Google Daydream対応版はGoogle Playからダウンロードできます。

(参考)
Road to VR / Google Releases ‘Resonance Audio’, a New Multi-Platform Spatial Audio SDK(英語)
https://www.roadtovr.com/resonance-audio-googles-new-multi-platform-spatial-audio-sdk/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


三国志「赤壁の戦い」をVRで 船上や敵陣の戦いを体験

2017/11/07 19:00 ゲーム・アプリ

モバイルARの本格的普及の鍵となるのは「ARクラウド」

2017/11/07 19:00 業界動向
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集