デイリーランキング

「マトリックス4」が制作決定! ブランク期間に発展した技術は?

話題

2019/08/21 18:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

日本アニメから影響を受けたVRMMORPG「Zenith」がクラウドファンディング中、1週間で目標額の約5倍に

ゲーム・アプリ

2019/08/20 19:45

バーチャル空間で重機を動かす! VR版「重機でGo」がリリース

ゲーム・アプリ

2019/08/21 12:00

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

ディズニーのARコスチューム、デジタルな衣装をリアルタイムに着せる

ディズニーの研究機関であるディズニー・リサーチは、デジタルの衣装を人物に重ねる技術「AR Costumes(ARコスチューム)」を開発、発表しました。一般的なRGBイメージだけを用いて、対象の上にぴったりしたコスチュームのAR画像を自動的に重ねることができます。

画像処理をより簡単に

この技術には“pose matching(ポーズ・マッチング)” と “inpainting(修復)”と呼ばれるテクニックを組み合わせて使用。細部まで正確に重ね合わせることができるというもの。

ディズニーの発表した論文によれば、研究チームはさらに開発を進め、衣装のパラメーター化を減らし、もしくはパラメーター化せずに、画像の不要な部分を簡単に削除する方法を探っています。

どんなポーズにもぴたりと対応

公開された動画では、ぴったりしたデザインの未来的な宇宙服に身を包んだモデルが、様々なポーズをとって見せます。どんな動きをしても、不自然な部分はありません。

https://www.youtube.com/watch?v=p2Lj2ScIkvA

ディズニーは動画の中で、「我々の知る限り、このアプローチはRGBイメージのみを元にぴったりした衣装を重ね合わせる、初めての技術です。この技術はモバイル機器にも対応しています」、「当社は、この技術が将来的な改善や比較における、有益な基盤になると信じています」と説明しています。

画像には課題も

他の開発中の技術で見受けられるように、この手法にも限界はあります。衣装は対象の人物をぴったり包んで見えますが、一方で身体の周りには歪みが生じています。

ディズニー・リサーチは技術の改良を行い、さらに正確なポージング、ARイメージを実現しようとしています。ARコスチュームが大袈裟な身振りにも対応し、なおかつリアルタイムで対象の人物に重ねられること、を目標としています。

発表されたペーパーの全文はこちらから。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


VR活用でヘリコプターの開発期間が10分の1に短縮 半年で完成

2018/11/05 11:30 活用事例

VRで走る「Omni」、アーケード向けに展開加速 eスポーツに照準

2018/11/05 11:30 VR体験施設