Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

世界最大級の地下空間“龍の巣”にカメラ潜入 NHKが360度映像公開

VR動画

2020/02/21 13:07

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表

VIVE

2020/02/21 00:12

小型軽量へ HTC、次世代VRヘッドセットのコンセプトデザインを発表

VIVE

2020/02/21 00:46

【ドラクエウォーク】バージョン1.7.0配信 メインクエのあらすじが確認可能に

ドラクエウォーク

2020/02/21 15:57

名取さなロングインタビュー Vのオタクを喜ばせるためにできることは?

VTuber

2020/02/22 11:30 New

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

グーグル、Daydream対応一体型VRヘッドセットを発表 HTCとLenovoから2017年中に発売へ

グーグルは、開催中の開発者会議Google I/Oにて基調講演を行いました。その中で、現在展開している高品質なVRプラットフォームDaydreamに関する発表がありました。

Daydreamとは?

Daydreamは、快適で高品質なVR体験を可能にするプラットフォームです。2016年のGoogle I/Oで発表され、10月より北米で対応デバイスの発売を開始しました(日本では未発売)。対応スマートフォンがグーグル、ASUS、ZTEなどの各メーカーから、そしてヘッドセットDaydream Viewが発売されています。

さらに多くのスマートフォンがDaydreamに対応

基調講演に登壇したVR担当副社長のClay Bavor氏は、今後さらに多くのスマートフォンが対応するとし、LGの今後発表されるスマートフォンが対応するほか、2017年4月に北米で発売されたサムスンのGalaxy S8、S8+がアップデートにより対応することを発表しました。

スマートフォンを超える「一体型」へ

そしてBavor氏は、スマートフォンを使うVRからさらに没入感の高いVRを実現するためにケーブルを接続せず、スマートフォンもPCも使わない「一体型VRヘッドセット」について取り組んでいることを明らかにしました。

Bavor氏は、重要なのは「使いやすさ」と「そこにいる感覚」だと強調し、一体型がその要素をさらに強めると語りました。

この一体型ヘッドセットでは「WorldSense」と呼ばれる技術が採用されています。

WorldSenseは、DaydreamなどこれまでスマートフォンVRでは実現できなかった「位置トラッキング」を可能とする技術であり、体験者はVRで自由に動き回ることができるようになります。具体的な技術については触れられていませんが、外部センサーを不要とするインサイド・アウト方式のトラッキング技術と推測されます。

https://www.youtube.com/watch?v=aJD34uGPQf8

この一体型VRヘッドセットに関しては、すでに一体型VRヘッドセットのプロトタイプを作成しているチップセットメーカーのクァルコムと提携していることも明らかとなりました。

パートナーであるHTCとLenovoが開発を進めています。HTCはPC向けVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveを展開中、LenovoはARプラットフォームTango対応のデバイスを展開しています。いずれも2017年中の発売を予定しています。


HTCが開発中の一体型VRヘッドセット。「Vive」ブランドでの開発となります。


Lenovoが開発中の一体型ヘッドセット

一体型の一般発売で一歩先に出たグーグル

一体型VRヘッドセットの開発には、メーカー各社が取り組んでいます。Oculusは2016年10月に一体型のプロトタイプSanta Cruzを発表しているほか、インテルは2016年8月にProject Alloyというプロトタイプを発表しています。また、クァルコムはメーカー向けのリファレンスモデルとしてSnapdragon835VRを発表しています。

単体で動作する一体型VRヘッドセットは、手軽にVRを体験できるデバイスとして2017年後半から2018年にかけて登場が期待されています。

グーグルはその先陣を切って発売時期を明らかにした形になります。今後、他者の動きにも注目したいところです。

(参考)
Google公式
https://blog.google/products/google-vr/latest-vr-and-ar-google-io/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

ARを使うとナイキの靴のデザイン方法はこう変わる

2017/05/18 04:23 テック

360度動画でMIYAVI15周年記念ライブを楽しめるアプリが登場

2017/05/18 04:23 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集