デイリーランキング

任天堂の「Nintendo Labo: VR Kit」は64種類のVRゲームを搭載。自分でVRゲームも作れる

ゲーム・アプリ

2019/03/22 11:24

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

釜山国際映画祭がVR作品を募集、締切迫る 日本からも応募可能

10月4日から韓国・釜山で開催される釜山国際映画祭が、VR部門の作品を募集しています。応募受付は8月31日までです。

昨年はウルトラマンゼロなど上映

釜山国際映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認、アジア最大規模の映画祭です。「アジアを中心とする世界映画に新しいパラダイムを」をスローガンに掲げ、1996年に開始しました。1部門を除きコンペティションは行われていません。

360度コンテンツやVR映画を扱う「VRシネマ」の部門は、2017年からスタート。映画祭の公式イベントとして、VRコンテンツの上映やVRに関するカンファレンスを行います。
昨年は日本から出展した「ウルトラマンゼロVR」、「天獄処理工場」、「領域」などが上映されました。

『ウルトラマン』初の360度VR作品 釜山国際映画祭で上映

『ウルトラマン』初の360度VR作品 釜山国際映画祭で上映

MoguraVR

約40作品を上映予定

今回は約40の作品を、10月4日~13日の映画祭期間中、釜山映画センター1階のVRシアターにて上映予定です。またカンファレンスとクリエイター向けのネットワーキングイベントは、10月7日に開催されます。

VR作品の応募はこちらのウェブサイト(英語)から。受付は8月31日までとなっています。1人3作品まで提出が可能です。また2017年に応募した作品を再応募する場合は、コンテンツの50%以上の内容が変更されている必要があります。

(参考)釜山国際映画祭

「でんぢゃらすじーさん」コロコロコミック公式からVTuberデビュー

2018/08/29 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

VRモード搭載の「ラブプラス EVERY」延期、配信時期は“検討中”

2018/08/29 12:00 ゲーム・アプリ