デイリーランキング

ジャニーズ×SHOWROOMの「バーチャルジャニーズプロジェクト」が始動!ジャニーズ初のバーチャルアイドルが発表

VTuber

2019/02/19 12:19

「VRグラビア女王 LIVEオーディション」がXRstadiumで生配信 視聴者が審査し“女王”を決める!

VR動画

2019/02/19 11:30

人気ゲーム「Apex Legend」と類似名称 “勘違い”でとあるVRゲームの売上が爆増

ゲーム・アプリ

2019/02/18 11:31

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月9日~2月16日)

VTuber

2019/02/17 19:15

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【体験レポ】ビョークが描くVRを使った新しい音楽体験

『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験』は音楽と最先端のテクノロジーの融合により、音楽体験を拡張する実験的なVRの展示プロジェクトです。6月29日から7月18日まで開催。会場では、日本初公開『Not get』を含むビョークによる新たなVR作品を体験することができます。
ビョーク VR©JREWIND VR

愛する人との別れという極めて個人的な感情をVR環境で表現

独自の世界観と音楽に、最先端のテクノロジーを取り入れ、常に新しい表現を実験し続けるビョーク。彼女はVRを、ライブでもCDでも実現できなかった、自分と鑑賞者を親密につなぐツールであり、新しい音楽体験をもたらすシアターだと考えています。

今回は会場で体験してきたコンテンツをご紹介します。愛する人との別れを時系列で展示しており、一連のストーリーになっています。※VRコンテンツは入場日時指定制 全部で45分~60分ほど。

Stonemilker VR

ビョーク VR©Andrew Thomas Huang

Andrew Thomas Huang監督によるアイスランドで撮影された作品です。現在360度動画がYoutubeでも公開されています。

https://www.youtube.com/watch?v=gQEyezu7G20

このデモでは、波が打ち寄せる浜辺で目の前にビョークが現れ、鑑賞者の周りを回りながら歌います。GearVRを着けて座って鑑賞しますが、筆者はくるくると周りを舞うビョークにつられて思わず立ち上がって鑑賞してしまいました。時折こちらに近づいて、愛おしそうに歌うビョークを見ていると一緒に心地よい海風の中で歌っているような、まるで恋人になった気分になります。鑑賞後に会場は波の音がかすかに流れていて、余韻が心地よい作品でした。

Mounthmantrar VR

続いてJesse Kanda監督による『Vulnicura』収録曲『Mouth Mantra』。歌うビョークの口の中へ入ります。

ビョーク VR©Andrew Thomas Huang

ビョークの歌声、独特な低音のサウンドに合わせて360度に囲まれた口の中が怪しく蠢めきます。混じり合うような視界とビョークの歌声とリズムに筆者は音楽を一番感じるような一体になるような不思議な感覚を受けました。

Not Get VR

シドニーに続いて2回目、日本では初公開となるVR版『Notget』。Warren du PreesとNick Thornton Jonesによる作品。
ビョーク VR©JREWIND VR

まばゆい光の粒子でできた蛾の女が、歩きながら強く歌います。色とりどりに変わる光が散っていくのがきれいで、思わず手を伸ばしていました。どんどん足音と女自体が大きくなって最後は消えます。自然と見上げる形になって強さと厳かさを感じました。

あと一つ、一連のストーリーの中に入るが、大きすぎてもってこれなかった、と冗談交じりに語られた『black lake』は、ビョークが愛する人と別れたすぐあとの曲で一番最初にご紹介した『Stonemilker』の後に入るコンテンツのようです。

Biophillia

こちらはVR作品ではありませんが、アルバム『Biophilia』と共に生まれたアプリ『Biophilia』を紹介する体験型の教育スペースです。Google PlayストアAppストアにてダウンロードも可能です。

ビョーク VR※入場券をお持ちの方は、当日に限り終日体験可能

Cinema

本展のためにキュレーションされたビョークのソロデビューから29曲に及ぶミュージックビデオセレクションが大画面かつ、7.1サラウンドで鑑賞できます。全部で2時間ほどです。こちらもVRではありません。

ビョーク VR
ふかふかの絨毯とフィット感がばつぐんのクッションが心地よく、素晴らしい環境で鑑賞ができました。※入場券をお持ちの方は、当日に限り終日体験可能

「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」概要
・開催日時: 2016年6月29日(水)~7月18日(月・祝)10時~17時
 ※金・土・日曜日は22時まで開催
・休館日: 2016年7月5日(火)、12日(火)
・会場: 日本科学未来館 7階 イノベーションホールほか
・料金: 2,500円(税込)
 ※入場時間指定制、整理番号付
 ※入場券は6月11日(土)22時よりチケットぴあにて販売開始
※VRコンテンツは12歳以上が対象
※未就学は入場不可
※小学生以上は入場券が必要
※企画展、常設展、ドームシアター(いずれも午後5時まで)の鑑賞には別途料金が必要
公式サイト:http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/bjorkdigital.html

(関連記事)
ビョーク「StoneMilker」の360度ミュージックビデオがYoutubeで公開


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

SHOWROOM、セクシーなエクササイズレッスンをVR生配信

2016/07/02 19:30 VR動画

HTC、VR事業特化の子会社Viveを設立

2016/07/02 19:30 HTC Vive・Vive Pro