デイリーランキング

渋谷ハル 「VTuber最協決定戦 Season3」の運営費用を公開 赤字でも運営は続けると表明

VTuber

2021/09/23 18:02

VTuber魔使マオ 新潟の有名心霊スポット「ロシア村」を探索して話題に

VTuber

2021/09/23 14:18

【ポケモンGO】ファッションウィーク開催中! 初登場トリミアンはスタイルチェンジ可能

ポケモンGO

2021/09/22 11:51

なぜVRChatのクラブワールド「GHOSTCLUB」は世界中のユーザーを引きつけるのか?

話題

2021/09/21 19:30

【ドラクエウォーク】「レアモン確変!」が金曜から開催 アームライオンとベビルが対象

ドラクエウォーク

2021/09/23 11:56

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

「BEMANI」のVR版!? KONAMI発のバンド演奏ゲームを先行体験

コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が、VRデバイス「Oculus Quest」「Oculus Quest 2」向けのVRバンド演奏ゲームBEAT ARENAを発表しました。発売日は2021年3月12日(金)です。

本作は、ドラム、ギター、ベース、キーボードの4種類の楽器を演奏可能です。オリジナル曲はもちろん、KONAMIの人気音楽ゲーム「BEMANI」シリーズの楽曲も収録。まるでライブステージのような感覚で、シリーズの名曲を演奏できます。

今回電撃的にVRゲームへの参戦を発表したKONAMIの新作を、先行体験したゲームプレイと合わせて紹介します。(※実際のゲームプレイとは異なる場合があります)

VRゲーム初参戦とは思えないこだわりよう

本作では、演奏を行うアバターを自由にカスタマイズできます。アバターは男性・女性タイプから選択でき、各パーツを好きなようにチョイスして色の変更も可能。アバターは最大100種類まで登録が可能で、後からカスタマイズもOK。パーツのデザインもゲームのイメージにぴったりで、細かい部分にもこだわりが感じられます。

主なゲームモードは、「フリー」「キャンペーン」「リプレイ」の3つ。フリーでは好きな楽曲を3種類の楽器から選べるのに対し、キャンペーンでは課題となる楽曲ごとに決められた楽器で挑むことになります。リプレイは保存した演奏を後で見返せる機能です。

楽器の操作はそれぞれ異なり、ギターが「GUITARFREAKS」、ドラムが「DrumMania」など、歴代「BEMANI」シリーズを彷彿とさせるスタイルになっています。

VR上のステージの正面から飛んでくるノーツに合わせて演奏しますが、鍵盤を叩いたり弦を弾いたりと、楽器ごとに全く違う演奏体験が用意されているのに驚きました。

操作は想像以上に「音ゲー」。例えばギターの場合、Questの左手の「X・Yボタン」「人差し指トリガー」「中指トリガー」を押しながら、右手でピックを握り弦を弾く動きで操作します。音ゲー初心者の筆者はこの操作に悪戦苦闘。実際のギターの構え方に近く、チュートリアルで練習を重ねてようやくスタートラインに立てました。


ドラムの場合、初心者でもドラムは飛んでくるノーツに合わせて直感的に叩けました。キーボードはノーツの位置の鍵盤を叩くかたちなので、実際のキーボードが分からなくても大丈夫。ベースは基本的にギターと同じですが、弦はトリガーを押す操作に変わっています。

この時点で、これまで触ったVR音ゲーにも負けないほどの作り込みであることに気づかされました。最初は各楽器ごとの仕様に慣れる必要があるので、感覚を掴むために繰り返しのプレイをおすすめします。コツを掴めば、きれいにコンボを決められるはず! なお、プレイの際は音がよく聴こえるようにするため、イヤホンを推奨します。

バンドゲームならではの「セッション」の楽しさ

面白いのが、バンドメンバーとのセッション。演奏にはメンバーが他の楽器で参加しており、手を振るなどのアクションが演奏開始の合図となっていたり、演奏に合わせて喋ってくれたりと、愛着の湧く掛け合いをしてくれます。

さらに演奏中メンバーと視線を合わせ、メンバーとのセッションを成功させることで、「ユナイトポイント(U.P.)」を獲得して評価を高めると行った要素もあります。左右のスティックでボイスを発声したり、「アピール」バルーンを発生させたりが可能です。

楽しいセッションが際立っている本作ですが、実はNPC(ノンプレイヤーキャラ)とのセッションだけでなく、なんとフレンドの過去の演奏と「Crossover time session(クロスオーバータイムセッション)」も可能とのこと。フレンドの保存したプレーデータと時間を越えたセッションを楽しめるそうです。

もちろん、歴代「BEMANI」シリーズ楽曲もそろっているので、ひとりでじっくり楽しむのも良いでしょう。リプレイではライブカメラでの視点からも見られます。曲の歌詞表示のON/OFF切り替えも可能です。こだわりの演奏を自由に鑑賞できます。

セッションを主軸にしつつも、音ゲーとしての楽しさをしっかりとVRに落とし込んだ本作。自宅にいる時間が増えつつある昨今、「音ゲーをVRでも楽しみたい!」というファンの声に、しっかりと答えたタイトルとなっています。

これまでの数々の名曲を詰め込んでくるなど、期待度が非常に高い作品になりました。音ゲー好きはぜひ一度挑戦してみませんか? 

https://www.youtube.com/watch?v=CYLkjItuboQ

公式サイト
https://www.konami.com/games/uuddlrlr-beatarena/jp/ja/

概要

タイトル

 BEAT ARENA

メーカー

 KONAMI

 発売日

2021年3月12日

ジャンル

VRバンド演奏

ゲームプレー人数

1人

メーカー希望小売価格

2,990円

対応機種

Oculus Quest、 Oculus Quest 2

IARC汎用レーティング

3歳以上

©Konami Digital Entertainment


「にじさんじドットアートグッズ」発売、夕刻ロベル 3Dお披露目配信実施【VTuberデイリーニュース 3/9号】

2021/03/10 13:00 VTuber 最新ニュース一覧

PFNが3DCG素材や2Dキャラクター生成システム開発、深層学習活用で

2021/03/10 13:00 テック
VR/AR/MR 用語集