Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

ついに来た。新型ベンツにARディスプレイと視線追跡が搭載

AR/MR

2020/07/12 12:30

【ポケモンGO】全国のセブンイレブンがポケストップに変身!

ポケモンGO

2020/07/12 10:20

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(7月6日~7月10日)

VTuber

2020/07/12 19:30

【映像のプロが選ぶ】絶対観るべき! 傑作・オススメVR動画7選

VR動画

2020/07/12 11:30

どこで買える?主要VRヘッドセット在庫情報【7月12日】

話題

2020/07/12 21:30

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

アップル、ARKit3を発表 モーションキャプチャなど人を認識するように

アップルは開発者会議WWDC2019にて、iOSとiPadOSのAR機能の新バージョン「ARKit3」をはじめとする、3つのAR関連の新機能・開発ツールを発表しました。iPhoneやiPadのカメラを利用したモーションキャプチャ機能や、ARで表示されているCGと人間の前後関係を正確に反映する機能が公表されています。

ARKitではモーキャプとオクルージョンが搭載

ARKit3でアップルが特に強調したのは、人物に関係のある機能「モーションキャプチャ」「ヒューマン・オクルージョン」です。

モーションキャプチャでは、iPhoneやiPadのカメラを人に向けるだけでその人の骨格を推定、動きを認識します。これにより、CGのキャラクターに人間の動きなどを重ねることが可能になります。

ヒューマン・オクルージョンは、カメラで人間の存在を認識し、ARで表示させている物体と人間との前後関係を反映します。これまではAR上のCGと現実の前後関係を認識する機能はありませんでしたが、今後は人がAR表示されている物体の後ろに隠れるなどの挙動が可能になります。


(壇上で行われた「Mincraft Earth」のデモ。人を認識している)

ARアプリが作れる「RealityKit」と「Reality Composer」

また、アップルはARに関係するフレームワーク「RealityKit」とコンポーザー「Reality Composer」を発表しています。

「RealityKit」は、AR機能をより手軽に実装することを目的としたフレームワークです。既存のアプリにも、フォトリアルなレンダリングやエフェクトなどのAR機能を手軽に実装することができるとのことです。

「Reality Composer」は、ARに対応したインタラクティブなシーンを作ることができるツールで、XCodeとiOSに対応しています。こちらは「iPadやiPhoneを使い、作ったAR機能をすぐに実機で動かして検証可能になる」とのこと。


VTuber、タピオカ専門店とコラボ!チャンネル登録などでお得に

2019/06/04 04:36 VTuber 最新ニュース一覧

「目に見えないコンピューティング」のMojo、0.48ミリの極小ディスプレイ発表

2019/06/04 04:36 テック
VR/AR/MR 用語集