デイリーランキング

「スラムダンク」公式アプリが配信、現実で桜木花道のシュート練習が見れる

ゲーム・アプリ

2019/11/11 12:45

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

Oculus Questで一番高評価のVRアプリは? ランキング発表

Oculus Quest

2019/11/11 12:00

「FF」シリーズのe-sports大会でVRライブ配信が実施

イベント情報

2019/11/12 19:15

にじさんじ、常設オーディション開設 クリエイターなど経験者向け

VTuber

2018/12/26 13:52

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

放物線や落下運動を可視化 VIVEコントローラーのトラッキングを使った“超人的”なデモ

相対性理論を体感できる360度動画のように、VRやARではふだん目に見えない事象でも表現することが出来ます。デベロッパーのLee Vermeulen氏は、ゲームエンジンやコントローラーのトラッキング機能を使い、物体を投げたり、落下させたりする時の放物線を見せるデモ動画を公開しています。

“ARによる超人的能力”と銘打たれたこのデモは、物体が移動する2秒前に、その予想される軌跡を示す、という内容になっています。HTC VIVEのコントローラーを投げたり、床に落としたり(床にぶつからないように紐で腕に固定しています)すると、コントローラーの動きによりも先にその軌跡が空中に描かれます。

Vermeulen氏のコメントによれば、放物線のシミュレーションにはゲームエンジンUnityのphysics system(PhysX)を用いているとのこと。反発係数を大きく設定しているため、コントローラーが床から跳ね返るような見せ方も可能です。

今回のデモではコントローラーに内蔵されているセンサーを使用し、物体の位置や速度をトラッキングしているとのこと。コントローラーを投げたり落としたりする軌跡が先に見られることから、Vermeulen氏は「キャッチするのが簡単になる」と説明を付けています。

今回のデモでは「軌道の事前予測と可視化」が大きくフィーチャーされていますが、放物運動や落下といった物理現象を目でしっかりと見ることも可能です。物理学の学習にも役立ちそうな、応用可能性を感じさせるデモ動画となっています。

(参考)Twitter



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

サン電子、国産ARスマートグラス「AceReal One」を開発・開発者向けに発売開始

2018/09/03 18:00 AR/MR

エイベックスが渋谷でVTuberライブを3ヵ月連続開催、第一弾は響木アオ

2018/09/03 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集