東方の二次創作ゲームがPSVR対応で11月に発売予定

ゲーム制作サークル「CUBETYPE」は、3D格闘アクションゲーム『東方紅舞闘V』を2016年11月3日に発売予定と発表しました。本作はPlayStation 4及びPlayStation Vita向けタイトルとなっており、PlayStation 4版はPSVRへ対応されます。

https://www.youtube.com/watch?v=jOsSVRIlNb8

本作は、ゲーム制作サークル「上海アリス幻樂団」のZUN氏が制作する弾幕STGシリーズ「東方Project」の世界観をモチーフにしたファンゲーム(二次創作作品)となっています。サークルの公式ページではゲームの詳細や遊べるモード、VR対応についての説明などが掲載されています。

東方紅舞闘V

本作のVR対応について、9月6日の段階では詳細内容は掲載されていませんが、公式ページでは対戦画面を2分割したスクリーンショットが掲載されており、VR内での3D対戦アクションを楽しめるものとなりそうです。

東方紅舞闘V

<ソフトウェア情報>
タイトル:東方紅舞闘V(とうほうこうぶとうブイ)
発売日:2016年11月3日(木) 発売予定
対応ハード:PlayStation®4 / PlayStation®Vita(PlayStation®VR対応)
開発元:CUBETYPE
ジャンル:3D対戦アクション
プレイ人数:1~2人
  ローカル & オンライン対戦に対応
オンライン:PlayStationNetwork対応
販売形式:PlayStation StoreにてDL販売
価格:3,000円(税込)

(参考)
東方紅舞闘V 公式ページ
http://www.cubetype.com/works/tohoKobutoV/

PlayStation VRについての最新情報はこちら

PlayStation VRで体験できるソフトの紹介はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人