日常のあらゆる行動を銃で 銃社会を風刺したVRゲーム『The American Dream』トレーラー公開


オーストラリアのゲーム会社Samurai PunkはVRゲーム『The American Dream』の初のトレーラーをリリースしました。『The American Dream』は昨年9月に発表されたもので、今月3月10日から12日かけてボストンで開催されるゲームフェスティバルPax Eastの宣伝のために作られたものです。


『The American Dream』は銃がメインのVRを使ったFPSゲームですが、戦争ゲームやゾンビゲームとは違い”1950年代のアメリカの日常生活”が舞台という想像の斜め上をいく世界観が特徴です。

それでは銃はどこで登場するのでしょうか。どんな時でも出てきます。ケーキのクリームをかき混ぜるのに銃を使ったり、赤ちゃんのオムツを替えるのに銃を使ったり、衣服の掃除やドーナツの穴を開けるためにも銃を使います。『The American Dream』ではプレーヤーは日常生活を送る全ての場面で銃を使うことになります。

銃が日常生活にかなり溶け込んでいるアメリカ社会の風刺とも言える『The American Dream』は年中にOculusやPlaystation VR、HTC Viveなどのメジャーなプラットフォームでリリースが予定されています。

(参考)Samurai Punk Releases First Trailer for The American Dream https://www.vrfocus.com/2017/03/samurai-punk-releases-first-trailer-for-the-american-dream/(英語)

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中。4割引になる早割は5月20日までです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ